top of page

捩れ体癖(?)

1種と4種の入っている方でした。

 

この場合は基本的に重心が前と右にあるわけです。

 

体癖は普通三つ入っているとされているのですが、そこにもう一つの三つ目の体癖との兼ね合いで、重心が外にも開いていくんです。

 

こうなると力学上運動しますと、身体は捩じれるんですね。

 

しかも上下型が入ってますから、上の方で捩れるんです。

 

こういう方を捩じれ体癖とは言わないのですが、捩れ体癖と同じように身体上のある箇所に捩れ的な変動が起きるんです。

 

ですので、その点だけ見ますと、捩れ体癖っぽいのです。

 

でも体癖は全然違うんです。

 

とはいえ、体運動の構造上、身体が上の方で捩れる癖があるのは事実なんです。

 

体癖を観る時に、こういう処をより分けていかなくてはならないんです。

 

だから実際に体癖を判別するのは凄く難しいんです。

 

簡単に目につく面はいいのですが、深層にある、ないしは表層にある、体癖現象とでも言うべきものとの区別ですね。

 

実際に操法していて苦慮するのはこういった処なんです。

 

これから少しずつこういった専門的なことも書いていきたいな、と思っています。

 

たまに、体癖を教えてくれ、と言われるのですが、かんたんに目につくものに関しては言えますが、あまり意味ないんです。

 

皆さまの身体は、複合体癖が幾つか絡まりあって、独自の体運動を創り出しているんですね。

 

細かく見ていくと無限にバリエーションがあると思います。

 

一つとして同じ生命は無いのです。

 

そして一瞬たりとも同じ場所に留まっていないんです。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

腰痛

腰痛になってしまって。 調べると、腰椎1番の右二側が中心。 単純に操法中の身体の使い方が下手なんですね。 頑張ればいいってものじゃないんです。 7種体癖なのでつい頑張ってしまって、身体を捩じって使ってしまうんです。 情けないことです。 そしてこの痛めた処は肝臓の急所でもあって、どうも肝臓も腫れてるようで、怒りっぽくなっていて、反省しています。 身体と心の使い方を改めろ、との天の声と捉えています。

怒られた息子が言ったこと

妻が息子に怒ったんですよ。 妻はわりと理性的に怒れるんです。 3種なんです。 感情に弾力があって統制が効くんですね。 いわゆる「キレる」ということはないんです。 だから、我が家では怒り役なんですね。 それで先日、妻が息子を怒ったんですけど、その時息子の言った言葉にビックリして。 曰く「しにて~」「じぶんをころして~」だって。 5才なんですけど、こんなこと以前は言わなかったんです。 怒られるとただ泣

表情と無意識

お身体を観させて頂いている方で、あまり表情が動かない方だなあ、と思っていたんですけど、5種の方だったので特に氣にしてませんでした。 5種の方はやっぱり余り感情や表情を動かさないです。 呼吸器で抑え込むんですね。 常に息を詰めているというか。 感情を抑えて合理的に行動することが快感なんですね。 それでたまに爆発するとされています。 普段は倹約しているんですけど、周期的にバーッと奢ったりとか大金を使っ

コメント


bottom of page