top of page

捩れ体癖(?)

1種と4種の入っている方でした。

 

この場合は基本的に重心が前と右にあるわけです。

 

体癖は普通三つ入っているとされているのですが、そこにもう一つの三つ目の体癖との兼ね合いで、重心が外にも開いていくんです。

 

こうなると力学上運動しますと、身体は捩じれるんですね。

 

しかも上下型が入ってますから、上の方で捩れるんです。

 

こういう方を捩じれ体癖とは言わないのですが、捩れ体癖と同じように身体上のある箇所に捩れ的な変動が起きるんです。

 

ですので、その点だけ見ますと、捩れ体癖っぽいのです。

 

でも体癖は全然違うんです。

 

とはいえ、体運動の構造上、身体が上の方で捩れる癖があるのは事実なんです。

 

体癖を観る時に、こういう処をより分けていかなくてはならないんです。

 

だから実際に体癖を判別するのは凄く難しいんです。

 

簡単に目につく面はいいのですが、深層にある、ないしは表層にある、体癖現象とでも言うべきものとの区別ですね。

 

実際に操法していて苦慮するのはこういった処なんです。

 

これから少しずつこういった専門的なことも書いていきたいな、と思っています。

 

たまに、体癖を教えてくれ、と言われるのですが、かんたんに目につくものに関しては言えますが、あまり意味ないんです。

 

皆さまの身体は、複合体癖が幾つか絡まりあって、独自の体運動を創り出しているんですね。

 

細かく見ていくと無限にバリエーションがあると思います。

 

一つとして同じ生命は無いのです。

 

そして一瞬たりとも同じ場所に留まっていないんです。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

5種と思いきや1種、というか複合体癖

5種だよなあ、という方がいらっしゃたのですが、実際に背骨を調べて観ていくと、「おやおや?」と。 5種らしいところが5種的でなくて1種的だったんですね。 腰椎部なんですけど、ある部分は5種で、ある部分は1種なんです。 これで私は得心しまして、「これが複合体癖か」と。 もちろん知識としては複合体癖は知ってはいましたが、指で理解した時は驚きました。 本当に綺麗にキメラの様に混じりあっているんです。 二つ

胸椎3番の突出

ここが突出していると、呼吸器が疲れている状態。 体癖と言いますが、還元すると、一個一個の動きなんですね。 もう一段還元すると、氣の動きになるのです。 氣の動きが背骨に反映されるんです。 氣が先。 しかし氣にも類型があるわけです。 この端的な事実を形而上の氣が、形而下の身体に影響を与えている、と言っていいのか分かりません。 この辺を詰めていくと、形而上学の話になってきます。 それはともかく、自分には

縁が切れる時、結ばれる時

人間生きていますと、周期により、縁が切れたり結ばれたりします。 人間関係の波に、上手く乗れるといいと思います。 頭と身体が逆方向になっている時は、身体の言うことを聞いて、身体の向いている方向に行った方が無難です。 自分自身の経験でもそうでした。 上下型の方にとっては難しいのですが、考えない方がいい時もあります。 薬を飲んでも良い時もあります。 毒を飲んでも良い時もあります。 効かない薬も、効かない

Comments


bottom of page