top of page

1側の人、2側の人、3側の人

野口晴哉先生は、初期の頃は多くは3側で病氣を治していたとのこと。

 

3側というのは脊椎から指3本外の処。

 

ここは主に内臓の血行の調整に使う処なので、ここで臓器の異常の多くが治せるわけです。

 

きっと野口先生にはかんたんだったんでしょうね。

内臓の臓器の血行以上を改善して、その臓器の異常を治すのは。

 

2側は運動機能。

 

1側は潜在意識や無為運動。

 

現在の私の行き方では、このそれぞれの処の関係性を読んで、押さえます。

 

岡島瑞徳先生の操法の技術に多くを拠っています。

 

まあ、大人の場合はそれぞれの処の意味は多層化複層化されているので、どこかを押さえるとどこか別の処に響くんです。

 

それは兎も角として、しかしやっぱり、それぞれの身体には特徴があり、3側中心の身体とか、2側中心の身体とか、あります。

 

当然1側中心の身体もです。

 

なんでなんですかね。

 

人間は自分の身体を平均的に使っている人は少ないんです。

 

ある人は感情や感覚ばかり使ったり(3側)。

 

ある人は筋肉ばかり鍛えたり(2側)。

 

ある人は無意識に拘束されています(1側)。

 

人間は前から観ていても理解が進まないんです。

 

後ろから観ないと分からないんです。

 

体癖という分類の仕方も勿論あるんですが、療術家として身体を観ると、大まかに三種類の類型があります。

 

そこを調整しないと、本人が納得しないんです。

 

でも難しいのは、例えば2側の系統の方の3側に問題が生じた時などなんですが、本人の感覚として認識し辛いです。

 

こういう場合はやはり、活元運動が有効だと思います。

 

活元運動で病が治るというより、自身の身体に対して感覚が鋭敏になるんですね。

 

自身の身体の裡側からの動きに対して集注力が増します。

 

突然身体を壊す方がいるのですが、突然ではないんです。

 

少しづつ病が進行しているんです。

 

どこで異常感を本人が感じるか、なんです。

 

前もって薬を飲むとか、手術をするとか、は愚の骨頂です。

 

前もって活元運動をして感覚を練磨して、早めに異常感を感じられるようになると、何事でも(病以外の問題でも)対処しやすいのです。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

髪を染める

髪を染めたら、何か身体がおかしくなった、という方がいます。 髪を染める液体に何か入っているのでしょうね。 多くの人には何も起きなくても、敏感な人には何かが起きます。 そういうことはよくあります。 多くの会社は人体への影響や害を詳細に分析して、避けて、商品化などしません。 残念ながら。 省庁が決めたレギュレーションに従って商品開発しているのでしょうが、そんな規制や禁則などはどうせいい加減なものです。

コレステロール

コレステロールが高い方が良いという理論が最近はある。 高コレステロールの方が感染症にかかりにくいらしい。 いらっしゃる高齢者の方で、食事療法をしている方がいます。 やはり油ものなどを避けていますが、私は、年をとっても、食べられるものなら、十代二十代の頃に好んで食べていたような脂っこいものを食べた方がいいと思う。 よく食べて、よく動いて、よく頭を使って、よく寝て、を死ぬまで繰り返す。 これが健康の秘

Commentaires


bottom of page