top of page

明け方の咳

朝起きてから咳が出るという小学生。

 

お母さまに連れられてやって来たわけですが、まあ、言うこと聞きません。

 

ゆっくり背骨を数えて調べる間もないのです。

 

そういう時は、凄く集注して観察します。

 

野口晴哉先生が背骨を調べる時はピアノを弾くように、さーっとぱぱぱと調べたと聞いています。

 

我々がそんな風に真似して調べる必要もないと思っていたのですが、結局待ってくれないんですね、お子さんは。

そういうところから、そういった超人的な速度で背骨を調べるスタイルが生まれたのでしょうね。

 

それは兎も角、その子は胸椎3番が上がっておりまして、これは胸郭が拡張しっぱなしなんですね。

朝起きてからも肺が収縮しないんです。

 

原因は歯の生え変わりで、歯が抜けて永久歯になる時には胸郭に負担が掛かるんですね。

それで胸を動かそうとして咳をするんです。

 

逆に胸椎3番が下がっている人は収縮しっぱなしで肺が拡がらないんですね。

こういう人は夜寝る時に喘息のような感じになります。

 

いずれにしても、風邪とかウイルスの排出とかでなくも、咳するんです。

人間は。

病氣でなくても咳をするんです。

 

とくに心配いらないです、ということで、胸郭を弛める操法をしました。

 

しかし、小学生男子はじっとしてない(笑)。

何なんだこの生き物は!

という感じですね。

 

自分も40年前はそんな生き物だったんです。

それを思い出しました。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

健康の定義

私にとっての健康は、「自由にやりたいことやっている」という状態を指します。 やりたいことを思いのままにやっていると、ほとんどの場合で寿命は縮みます。 動物園の動物は、野生の動物と比べると、寿命が2倍から3倍あるとのことです。 野生状態というのは非常なストレスが掛かります。 食べたいものがいつでも食べられるわけでもなく、行きたいところに何時でも行けるわけでもないのです。 次にいつ食べられるか分からな

身体って、毎回違って面白い

(以下の文章は妻がインスタグラムに書いたものです。女性ならではの視点でとても良い内容なので皆さまに読んでいただきたく転載いたします。女性の身体は男性とは全く違いますよね。女性はもっとご自身の身体を、男性は異性の身体をもっと知るべきと思います。) 4/24の満月の夜、急に体調が悪化した。喉の痛みと、全身の気怠さ。あっ、この後熱が出るな!と。 普通は『風邪引いた』と、捉えるだろう。 でも、今回私の見立

治療ではなく、身体を強くすることに集注する

治療のために操法にいらっしゃる方もおられるのですが、当塾は、本質的には、自分で自分の身体を健康に育てていく、ということを目標としています。 操法というのは、そのための手助けです。 ご自分の身体のある箇所にその場その時に集注していただく為のものです。 健康な身体作りの為には、ただ受動的に操法を受けるだけでなく、受けている操法に対する知的な理解も必要です。 その為に稽古会や初等講座などを開いております

Comments


bottom of page