top of page

野生

月に一度、「みさき助産院」という友達のやっている助産院で稽古会を行っています。

 

今月は初めて赤ちゃん同伴での稽古会を行いました。

 

収拾がつかなくなるかな、と思っていて、今までは行ってこなかったのですが、やってみました。

 

ご来場下さった皆さま初心の方々で、野口整体のこともよく分かっていらっしゃらないわけです。

 

赤ちゃんがいる中で、色々説明しながら、何かを感じて貰おうと思い実習しました。

 

実にやりがいがあって愉しいんですが、なかなか大変でした。

 

それで最終的に皆さまはどう思われたのかなあ、と終わった後に、友人の助産師さんに聞くと、「出産直後というのはみんな野性的になっているから、こういうのは感じるところがあったと思うよ」と。

 

なるほどなあ、と思いました。

 

愉氣なんていうのも、怪しげな感じのものですが、そういったものでも素直にすっと感じられる瞬間が誰でも人生の裡に、あるのかもしれないですね。

 

タイミングってありますね。

出産直後、ということでなくてもね。

 

それにしても、合掌行氣をする前に、輪になって息を一つにするんですけど、その時その輪で赤ちゃんを囲んだんですけど、そうするとクルクル氣が廻るんですよ。

 

凄いですねえ。

 

はじめての人がいると大抵氣が閊えますけど、そういうことなく、集まった方がその瞬間かんたんに一つになりました。

 

赤ちゃんの無邪氣が皆の息を一つにしたんですね。

 

天心を感じられました。

ありがたいことです。

 

来て下さった方々ありがとうございました。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

同世代の方の操法

同世代の方の操法は「これまでの経緯」の解像度が違ってくるんですね。 整体操法は身体だけで行うものでは無いのです。 言語野が介在するということです。 同時に聞かなくても分かるんですね。 特にわれわれは氷河期世代ですから、苦労したんだろうなあ、ということが明確に分かるんです。 どういう経緯を辿って来たかもわかるんですね。 面白いですね。 常識を共有しているんです。 操法が早まる場合と、遅くなる場合があ

学校は行かなくもよい

親としては子供にはすんなり学校に行って欲しいわけです。 痛いほどわかります。 友達もお子さんでも学校に行けなくなり、フリースクールに通っている子がいますが、私立の学校に入れるくらいのお金が掛かります。 話を聞くに、とても大変です。 自分にも幼児園に通っている子供がいますが、もし小学校に行けなくなったら、とんでもなく大変なことは目に見えています。 きっと仕事や生活が破綻するでしょう。 そんな折、学校

Comments


bottom of page