top of page

遊ぶ

息子の通う幼稚園にハンディキャップのある女の子がいる。

ある日、その幼稚園の行事の手伝いに行ったのですが、息子がブランコに乗りたいというので、後ろから押してやっていると、隣にその女の子が座った。

しばらくすると息子は何かに氣をとられて走って行ってしまった。


するとその女の子は、ぼーっとしている私を見て何事かを言いだした(その子はうまく喋れない)。

「なになに~?」と言っても何を言いたいかわからない。

やっと「あぁ」と氣づいて、背中を押してあげた。


ブランコを押して欲しかったんですね。

氣付けて心底ホッとしました。


整体の創始者である野口晴哉先生は、幼い頃に病氣で声が出せなかった時期があったこともあり、言葉に出来ないその人の要求を感じることを重視していました。

また、子供や猫がなつかない人間は指導者に不向きだともされました。


しばらくするとその子のお母さんが来て「遊んで貰ってたんだねえ」と言っておりましたが、遊んで貰ってたのは私の方です。

日々が稽古で遊びです。

また遊んでね。



0件のコメント

最新記事

すべて表示

健康の定義

私にとっての健康は、「自由にやりたいことやっている」という状態を指します。 やりたいことを思いのままにやっていると、ほとんどの場合で寿命は縮みます。 動物園の動物は、野生の動物と比べると、寿命が2倍から3倍あるとのことです。 野生状態というのは非常なストレスが掛かります。 食べたいものがいつでも食べられるわけでもなく、行きたいところに何時でも行けるわけでもないのです。 次にいつ食べられるか分からな

5月の初等講座のお知らせ

岡島瑞徳先生の初等講座の講義録を参照させていただきながら、稽古会を行っています。 平成14年の講義録を参照させていただいて稽古をします。 この講座は全12回1年にわたり整体に於ける基礎的な考え方、処や型などについて岡島先生が講義なさっております。 第五回の講義の主題は「・整体をやるにあたっての心構え・脊椎操法三側・救急操法」になります。 私自身が岡島先生の整体に対する理解を深めるために初心で稽古し

10種の方の茫洋とした感じ

開型。 10種の方は、なんだかぼんやり、茫洋としている、と言われています。 先日操法にいらした方が、どうにも曖昧で体癖がわからなかったんですが、操法を終えた後に、少し話をしていましたら、一向に帰らないんですね(笑)。 いつお帰りになるのかな~、っと思っていたんですけど、ご本人が「私はなかなか帰らないんです」と訥々とおっしゃるので、爆笑してしまって、ああこの方は10種なんだ、とわかったんですね。 野

Comments


bottom of page