top of page

教育

息子の幼児園のお母さま方とお茶会で話していたんですけど、小学校とかもう結構どうしようもなくなっているとのこと。

 

色々実例と共に聞きました。

 

悲しいことですが、日本の教育システムは機能していないようです。

 

私立の小中学校ですら崩壊している様です。

 

端的に、もう椅子に座って黒板を眺める方式を止めるべきだと思います。

 

こういった方式は良き工場労働者を作る為の教育でしかないわけですから、今の子供たちがこの教育法に無意識で反発するのは必至だと思います。

 

AIとロボットが溢れてる20年後に、一時間じっと椅子に座り続けている能力がどれほど必要とされているのでしょうか。

 

考えればわかるのに、変えようとしない。

 

今の時代に限っても、いわゆるホワイトカラーになる日本人は人口の何パーセントなのか?

 

授業中、教室の中を歩き回る生徒がいるというけど、それは将来の自分が椅子に座って仕事をしていないことを直観しているからです。

イメージが湧かないんですよ。

椅子に座って仕事している。

 

私も仕事中は立ったり座ったり、中腰になったり、せわしなく動き廻っています。

 

自宅では寝っ転がって本を読んでいます。

 

ほぼ椅子に座りません。

 

椅子に座り続ける能力も、100mを速く走る能力も、ボールを上手く扱う能力も、全く必要ありませんでした。

 

私の受けた教育の90%は無駄、どころか害でした。

 

必須なのは本を読み理解する能力と、考えをまとめて喋ったり歌ったり書いたり描いたりする能力。

自分の希望する仕事を完遂する体力(仕事の性質によって違うはずで体力は数値化できない)です。

 

この二つを効率よく養うことです。

 

大人の言うことは聞いたふりをして右から左に聞き流せばいいのです。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

野生

月に一度、「みさき助産院」という友達のやっている助産院で稽古会を行っています。 今月は初めて赤ちゃん同伴での稽古会を行いました。 収拾がつかなくなるかな、と思っていて、今までは行ってこなかったのですが、やってみました。 ご来場下さった皆さま初心の方々で、野口整体のこともよく分かっていらっしゃらないわけです。 赤ちゃんがいる中で、色々説明しながら、何かを感じて貰おうと思い実習しました。 実にやりがい

同世代の方の操法

同世代の方の操法は「これまでの経緯」の解像度が違ってくるんですね。 整体操法は身体だけで行うものでは無いのです。 言語野が介在するということです。 同時に聞かなくても分かるんですね。 特にわれわれは氷河期世代ですから、苦労したんだろうなあ、ということが明確に分かるんです。 どういう経緯を辿って来たかもわかるんですね。 面白いですね。 常識を共有しているんです。 操法が早まる場合と、遅くなる場合があ

Comments


bottom of page