top of page

即興

操法を終えた後に、何をやっていたのかを説明することがあるのですが、操法の説明は難しいです。

 

私は着手してから操法の設計をするのですが、その当初の設計から実際の操法は、普通ズレます。

 

操法中に、ある箇所を押さえると、別の場所に反応があるんです。

 

氣の反応です。

 

そこを追いかけていくんです。

 

事前の操法の設計というのは、氣とは無関係で、背骨を調べた結果、人体の構造上こうなっているに違いないという判断から確定していきます。

 

先日たまたま、このことを説明する機会があったのですが、相手の方がジャズを長年やっている方だったので、キーとコード進行だけ決めて後は即興で、というような説明ですぐに納得していただけました。

 

そういう時は楽です。

普段はこちらがやっていることを頭で理解して貰うのに苦心します。

 

操法の技術の修得はともかくとして、どういった考え方でどういったことを行っているのかを知りたい方には稽古会や初等講座をお勧めしておりますので、よろしければご参加下さい。

 

ホームページかLINEでお問い合わせご予約できます。

よろしくお願い致します。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

健康の定義

私にとっての健康は、「自由にやりたいことやっている」という状態を指します。 やりたいことを思いのままにやっていると、ほとんどの場合で寿命は縮みます。 動物園の動物は、野生の動物と比べると、寿命が2倍から3倍あるとのことです。 野生状態というのは非常なストレスが掛かります。 食べたいものがいつでも食べられるわけでもなく、行きたいところに何時でも行けるわけでもないのです。 次にいつ食べられるか分からな

治療ではなく、身体を強くすることに集注する

治療のために操法にいらっしゃる方もおられるのですが、当塾は、本質的には、自分で自分の身体を健康に育てていく、ということを目標としています。 操法というのは、そのための手助けです。 ご自分の身体のある箇所にその場その時に集注していただく為のものです。 健康な身体作りの為には、ただ受動的に操法を受けるだけでなく、受けている操法に対する知的な理解も必要です。 その為に稽古会や初等講座などを開いております

胸椎3番の突出

ここが突出していると、呼吸器が疲れている状態。 体癖と言いますが、還元すると、一個一個の動きなんですね。 もう一段還元すると、氣の動きになるのです。 氣の動きが背骨に反映されるんです。 氣が先。 しかし氣にも類型があるわけです。 この端的な事実を形而上の氣が、形而下の身体に影響を与えている、と言っていいのか分かりません。 この辺を詰めていくと、形而上学の話になってきます。 それはともかく、自分には

Kommentare


bottom of page