top of page

体癖

野口晴哉先生はご自分の手で体癖を発見したんです。

 

まずそれを追体験するべきです。

 

入口は類型からでもいいのですが、やはり一人一人の身体を直接観てそこから類型に至るべきです。

 

本来は野口先生の言葉から入るべきではないんです。

 

指と型から知るべきことです。

 

難しいことです。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

5種と思いきや1種、というか複合体癖

5種だよなあ、という方がいらっしゃたのですが、実際に背骨を調べて観ていくと、「おやおや?」と。 5種らしいところが5種的でなくて1種的だったんですね。 腰椎部なんですけど、ある部分は5種で、ある部分は1種なんです。 これで私は得心しまして、「これが複合体癖か」と。 もちろん知識としては複合体癖は知ってはいましたが、指で理解した時は驚きました。 本当に綺麗にキメラの様に混じりあっているんです。 二つ

胸椎3番の突出

ここが突出していると、呼吸器が疲れている状態。 体癖と言いますが、還元すると、一個一個の動きなんですね。 もう一段還元すると、氣の動きになるのです。 氣の動きが背骨に反映されるんです。 氣が先。 しかし氣にも類型があるわけです。 この端的な事実を形而上の氣が、形而下の身体に影響を与えている、と言っていいのか分かりません。 この辺を詰めていくと、形而上学の話になってきます。 それはともかく、自分には

縁が切れる時、結ばれる時

人間生きていますと、周期により、縁が切れたり結ばれたりします。 人間関係の波に、上手く乗れるといいと思います。 頭と身体が逆方向になっている時は、身体の言うことを聞いて、身体の向いている方向に行った方が無難です。 自分自身の経験でもそうでした。 上下型の方にとっては難しいのですが、考えない方がいい時もあります。 薬を飲んでも良い時もあります。 毒を飲んでも良い時もあります。 効かない薬も、効かない

Comments


bottom of page