top of page

3歳児の整体操法

更新日:2023年12月18日

3歳の女の子がいらっしゃいました。

かわいいのです。


ずーっとお母さまにくっついていました。この時期は母親と離れたくないんですね。


野口整体では大人にするような操法は大体4歳からとされています。身体の中のネットワークの様なものがまだできてないんですね。

大人ですと胃が痛いところで足を引っ張ったりなどするのですが、3歳児にやっても効果が無いんですね。

ですので、3歳児への操法は愉氣が主体になります。


お腹を揺さぶって、じーっと愉氣していましたが、おとなしく仰向けになっていて、思わず「すごいねえ」と言ってしまいました。この年頃ですと、じっとしているのも苦痛ですからね。愉しいことが好きな女の子でした。


右足が太くなっていると、不満というか退屈というか、そんな感じの身体なのですが、少し太くなっていたので、引き締める方向で愉氣しました。


愉氣する側なんですけれども、自分が愉氣されているようで、とっても愉しかったです。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

捩れ体癖(?)

1種と4種の入っている方でした。 この場合は基本的に重心が前と右にあるわけです。 体癖は普通三つ入っているとされているのですが、そこにもう一つの三つ目の体癖との兼ね合いで、重心が外にも開いていくんです。 こうなると力学上運動しますと、身体は捩じれるんですね。 しかも上下型が入ってますから、上の方で捩れるんです。 こういう方を捩じれ体癖とは言わないのですが、捩れ体癖と同じように身体上のある箇所に捩れ

耳鳴り

耳鳴りでお悩みの方がいらっしゃいました。 耳鳴りは難しいのです。 整体では耳鳴りは基本的に股関節の狂いに発していると観ます。 あと腎臓、泌尿器系等ですね。 この辺りを調整していくわけなんですけど、調整する処は耳自体ではないんですね。 身体全体のバランス。 姿勢や血行やリンパの流れを変えることによって、それらの焦点が耳に向かうように持っていくんです。 社交ダンスの先生をされている方でしたので、股関節

キャンセル

予約のキャンセルされる方がいるのですが、私はぜんぜん氣にしません。 キャンセル料も取りません。 人間はそういうものなんです。 私は人間同士は無意識下で皆繋がっていると思っています。 いままで50年近く生きてきて不思議な経験を何度もしました。 縁が切れたり、繋がったりは、その時の意識では理解できないような理由があります。 後から振り返った時にだけ分かるのです。 だから出来るだけ、長生きすべきです。

bottom of page