top of page

19才

19才の青年がいらっしゃった。

 

悩んでますね~。

 

あの頃は私も悩んでいたんでしょうか?

 

自分が19才の頃の事なんてもうほぼ完全に忘れてしまいました。

 

聞かなかったのですが、青年と私の年の差は29才ということは、彼のお父さんより私のが年上かも。

信じられないですね。

 

入って来るなり、彼は単刀直入に私のことを「ぼったくりじゃないのか?というかフェイクじゃないのか?」というように言いました。

若い人は面白いなあ。

 

野口整体のことをよく知らない方だったので、少し説明しました。

結構詳しいんですよ私は。わはは。

色んな人間関係とか派閥とか。

技術とかの系統もね。

古い資料も一杯持ってんだ。

 

操法が終わった後も、時間があったので一時間くらい色々話しました。

お茶でも出せばよかったけど、道場にお茶無いんだわ。ははは。

悩みが尽きないようで。

 

詳細は書けないですが、彼にはノイローゼ操法をした。

この操法は必ずしも、本当にノイローゼの人にするわけでもないのです。

呼吸と眠りを深くするための操法なんです。

彼が6種だったという理由もあるわけなのですが。

 

裏側から身体を操作して、表側から言葉を受け取るのが、指導者の役割なんです。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

健康の定義

私にとっての健康は、「自由にやりたいことやっている」という状態を指します。 やりたいことを思いのままにやっていると、ほとんどの場合で寿命は縮みます。 動物園の動物は、野生の動物と比べると、寿命が2倍から3倍あるとのことです。 野生状態というのは非常なストレスが掛かります。 食べたいものがいつでも食べられるわけでもなく、行きたいところに何時でも行けるわけでもないのです。 次にいつ食べられるか分からな

治療ではなく、身体を強くすることに集注する

治療のために操法にいらっしゃる方もおられるのですが、当塾は、本質的には、自分で自分の身体を健康に育てていく、ということを目標としています。 操法というのは、そのための手助けです。 ご自分の身体のある箇所にその場その時に集注していただく為のものです。 健康な身体作りの為には、ただ受動的に操法を受けるだけでなく、受けている操法に対する知的な理解も必要です。 その為に稽古会や初等講座などを開いております

即興

操法を終えた後に、何をやっていたのかを説明することがあるのですが、操法の説明は難しいです。 私は着手してから操法の設計をするのですが、その当初の設計から実際の操法は、普通ズレます。 操法中に、ある箇所を押さえると、別の場所に反応があるんです。 氣の反応です。 そこを追いかけていくんです。 事前の操法の設計というのは、氣とは無関係で、背骨を調べた結果、人体の構造上こうなっているに違いないという判断か

Comments


bottom of page