top of page

胃腸炎

少し前に家族全員が胃腸炎になったのですが、一週間くらいで経過しました。

 

最初は「春の下痢かな」と思っていたのですが、どうもそれだけではないようで。

 

因みに、「春の下痢」というのは、頸を弛めて、神経を弛めるためにする春の下痢です。

 

冬の間は神経が張り詰めていて、思考するのに適した季節だとされています。

 

春は感覚するのに適した季節ですので、神経疲労を癒す時なんですね。

 

ですのでこの時期は、呼吸と眠りを深くする操法をすることが多いです。

 

「春眠暁を覚えず」なんて言いますけど、この時期は眠たくなるのが普通なんです。

 

西洋医学では、そういった季節の要因もなにもなく考慮に入れず、すべてひっくるめて胃腸炎と太鼓判を押して、薬を出してお終いです。

 

それはともかく、我々の場合は、春の下痢、というだけでなく、普段からの食べ過ぎが原因で強制的に飲食がシャットダウンされた感もありました。

 

指導者としては恥ずかしいのですが、それでも身体が勝手に反応して、飲食を止めたのだから、「君たち優秀だねえ」と胃腸を褒めたたえました。

 

病は自動的な身体の調整という側面もあるので、一概に悪いものとは言えないのです。

 

自分の身体を静かに観察するべきです

0件のコメント

最新記事

すべて表示

健康の定義

私にとっての健康は、「自由にやりたいことやっている」という状態を指します。 やりたいことを思いのままにやっていると、ほとんどの場合で寿命は縮みます。 動物園の動物は、野生の動物と比べると、寿命が2倍から3倍あるとのことです。 野生状態というのは非常なストレスが掛かります。 食べたいものがいつでも食べられるわけでもなく、行きたいところに何時でも行けるわけでもないのです。 次にいつ食べられるか分からな

春の腰痛

腰痛の方が多く、この季節ということを考慮して、色々考えていました。 まず春先に肝臓の機能が高まると、冬の間の栄養分を皮膚に発疹という形で排泄されることがあります。 冬の間の食べ過ぎで肝臓に負担が掛かり、胸椎9番が硬直して、暖かくなってきて、右骨盤が開き、右の坐骨が下がります。 通常はここで皮膚の変動が生じますので、発汗を促してその辺りの処理をすればよいのですが、この辺から腰痛になる方がいます。 こ

汗の内攻

今頃が皮膚が一番弛んでくる季節です。 冬の間は熱の放散を防ぐために縮こまっていた足の指が、次第に伸びて弛んできます。 足指が伸びると胸郭が開き呼吸器が十全に働くようになります。 皮膚と神経、皮膚と呼吸器、皮膚と腎臓、これらは繋がっています。 ですので、呼吸を深く働かせるには汗をかく必要があるのです。 汗が上手にかけるというのは皮膚の硬直していた箇所が弛むということです。 頭が緊張している時というの

Comments


bottom of page