top of page

耳鳴り

耳鳴りでお悩みの方がいらっしゃいました。

 

耳鳴りは難しいのです。

 

整体では耳鳴りは基本的に股関節の狂いに発していると観ます。

 

あと腎臓、泌尿器系等ですね。

 

この辺りを調整していくわけなんですけど、調整する処は耳自体ではないんですね。

 

身体全体のバランス。

 

姿勢や血行やリンパの流れを変えることによって、それらの焦点が耳に向かうように持っていくんです。

 

社交ダンスの先生をされている方でしたので、股関節の使い方が独特で、あるところで引っかかっていました。

 

弾力のある素晴らしい身体なのですけど、専門家というのはある一部分を酷使して、その一箇所の歪みが全身に波及するんですね。

 

体癖やら専門的な身体運動が関係してきますので、複雑な要因が絡まりあっているんですね。

 

そして初めての方で、野口整体のこともよくご存じない方がご紹介でいらっしゃった場合は、けっこう説明に苦慮します。

 

操法にしましても「何をやっているのかなあ」という感じで受け取られる方がほとんどです。

 

耳鳴りを止めて欲しくて来ているのに、全然関係ない処(本当は深く関係しているんですけど)を押さえたり引っ張ったりするんですからね。

 

時間もなく、説明不足になってしまうことしばしばなので、このブログで補完的に書いています。

 

我々にとっては当たり前のことでも、初めての方にはそうではないんですよねえ。

 

そういう初心の方の為に初等講座などもやっておりますので、よろしければいらっしゃって下さい。

 

操法の内容など、答えられる範囲でお答えしますので、質問などありましたら、随時受け付けております。

 

よろしくお願いいたします。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

腹部第四調律点

腹部第四調律点という処が硬いと感情が鬱滞しているとされます。 本質的なことを言うと、泣かないとお腹は弛みません。 でも大人はかんたんには泣けません(3種の人はわりかしかんたんに泣きます。だから腹部第四が硬くなり難い)。 そこで、大人のお腹を弛めるにはどうしたらいいか? ということなんですね。 先日友人と稽古していたんです。 腕を使ってお腹を弛める稽古です。 腕のある特定の処を押さえるとお腹が弛むん

腰痛

腰痛になってしまって。 調べると、腰椎1番の右二側が中心。 単純に操法中の身体の使い方が下手なんですね。 頑張ればいいってものじゃないんです。 7種体癖なのでつい頑張ってしまって、身体を捩じって使ってしまうんです。 情けないことです。 そしてこの痛めた処は肝臓の急所でもあって、どうも肝臓も腫れてるようで、怒りっぽくなっていて、反省しています。 身体と心の使い方を改めろ、との天の声と捉えています。

手足口病

子供が少し前に手足口病に罹ったんです。 対処自体は胸椎7番に愉氣をします。 すると、氣の反応が手と足と口に行きます。 それらにひたすら愉氣するだけです。 もともと健康体の子供ならそれだけで十分です。 薬などいりません。 2、3日で経過しました。 幼児園のお友達も感染したのですが、その子は病の経過後は一語しか喋れなかったところが、二語文になったとのことでした。 多くは子供が掛かる病氣なので、何か子供

Comments


bottom of page