top of page

耳鳴り

耳鳴りでお悩みの方がいらっしゃいました。

 

耳鳴りは難しいのです。

 

整体では耳鳴りは基本的に股関節の狂いに発していると観ます。

 

あと腎臓、泌尿器系等ですね。

 

この辺りを調整していくわけなんですけど、調整する処は耳自体ではないんですね。

 

身体全体のバランス。

 

姿勢や血行やリンパの流れを変えることによって、それらの焦点が耳に向かうように持っていくんです。

 

社交ダンスの先生をされている方でしたので、股関節の使い方が独特で、あるところで引っかかっていました。

 

弾力のある素晴らしい身体なのですけど、専門家というのはある一部分を酷使して、その一箇所の歪みが全身に波及するんですね。

 

体癖やら専門的な身体運動が関係してきますので、複雑な要因が絡まりあっているんですね。

 

そして初めての方で、野口整体のこともよくご存じない方がご紹介でいらっしゃった場合は、けっこう説明に苦慮します。

 

操法にしましても「何をやっているのかなあ」という感じで受け取られる方がほとんどです。

 

耳鳴りを止めて欲しくて来ているのに、全然関係ない処(本当は深く関係しているんですけど)を押さえたり引っ張ったりするんですからね。

 

時間もなく、説明不足になってしまうことしばしばなので、このブログで補完的に書いています。

 

我々にとっては当たり前のことでも、初めての方にはそうではないんですよねえ。

 

そういう初心の方の為に初等講座などもやっておりますので、よろしければいらっしゃって下さい。

 

操法の内容など、答えられる範囲でお答えしますので、質問などありましたら、随時受け付けております。

 

よろしくお願いいたします。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

胸椎3番の突出

ここが突出していると、呼吸器が疲れている状態。 体癖と言いますが、還元すると、一個一個の動きなんですね。 もう一段還元すると、氣の動きになるのです。 氣の動きが背骨に反映されるんです。 氣が先。 しかし氣にも類型があるわけです。 この端的な事実を形而上の氣が、形而下の身体に影響を与えている、と言っていいのか分かりません。 この辺を詰めていくと、形而上学の話になってきます。 それはともかく、自分には

胃腸炎

少し前に家族全員が胃腸炎になったのですが、一週間くらいで経過しました。 最初は「春の下痢かな」と思っていたのですが、どうもそれだけではないようで。 因みに、「春の下痢」というのは、頸を弛めて、神経を弛めるためにする春の下痢です。 冬の間は神経が張り詰めていて、思考するのに適した季節だとされています。 春は感覚するのに適した季節ですので、神経疲労を癒す時なんですね。 ですのでこの時期は、呼吸と眠りを

農家の方の身体

無農薬の野菜を作っている方がいらっしゃいました。 あらゆる他人に興味のある私ですが、土と常時接続されていて、季節と野菜とお金の流れを全身で捌いている方の身体には一度は触れてみたかったわけです。 私自身は江東区の団地の鍵っ子でしたので、子供時代は自然とは全く無縁にすごしましたが、父方は百姓の家系でしたので、70年くらい前の百姓がどれだけ大変な生活をしていたかは知識としては知っています。 お身体を観ま

Comments


bottom of page