top of page

熱中症

息子が軽い熱中症になる。

 

というか、症状を追跡して観ていくと、完全に風邪。

 

現在の医学的に熱中症という症状が正確にはどう定義されているかは知らない。

興味が余りない。

 

『傷寒論』という中国の古い本がある。

風邪についての本。

「寒」が身体に入った時にどんな身体の状態になり、どう治療するかの方法が記述されている。

 

それでその知識を前提にして、できるだけ偏りのない目で息子を観てくと、「熱」が身体に入っても、やっぱり風邪を引く、というのが私の今の結論。

 

経過が完全に風邪の経過。

 

どうも季節の変わり目にそのこれからの季節に適応するために風邪を引くという面と、そもそも成長の過程で身体が風邪を引きたい、という面とあるようだ。

 

昔は「夏風邪」といった言葉があったけど、現在の「熱中症」とされている状態のなかに「夏風邪」が包摂されている氣がする。

 

息子は胸椎5番と10番が捩じれていたのだけど、この熱中症(私の個人的な定義だと「熱」による風邪)によって、熱が出て汗をかくことで、この捩れが取れた。

 

憑き物が落ちたように顔が変わった。

 

なんであれ、風邪は使いようなんです。

上手に経過すれば以前より健康になるんです。

 

それと、現代では、ウイルスとかが身体の外から入って風邪を引くことになっていますが、そもそも風邪を引きたい身体が、自分の身体を変えるために、ウイルスなどを利用して風邪を引いていると思います。

 

野口整体はそういう目を持ってます。

 

この見方は科学でも理論でもなく、客観で事象を観るか、主観で事象を観るかの違いです。

 

とはいえ、背骨の状態を触って確かめて客観的に観てもいるんですけどね。

 

いずれにしても経験のまとめです。

理論ではないです。

 

一応言っておくと、常識として、寒すぎたり暑すぎたりすれば、人間の身体は致命的なダメージを受けますので、これからの季節、熱中症にご注意下さい、ということに変わりはありません。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

腰痛

腰痛になってしまって。 調べると、腰椎1番の右二側が中心。 単純に操法中の身体の使い方が下手なんですね。 頑張ればいいってものじゃないんです。 7種体癖なのでつい頑張ってしまって、身体を捩じって使ってしまうんです。 情けないことです。 そしてこの痛めた処は肝臓の急所でもあって、どうも肝臓も腫れてるようで、怒りっぽくなっていて、反省しています。 身体と心の使い方を改めろ、との天の声と捉えています。

手足口病

子供が少し前に手足口病に罹ったんです。 対処自体は胸椎7番に愉氣をします。 すると、氣の反応が手と足と口に行きます。 それらにひたすら愉氣するだけです。 もともと健康体の子供ならそれだけで十分です。 薬などいりません。 2、3日で経過しました。 幼児園のお友達も感染したのですが、その子は病の経過後は一語しか喋れなかったところが、二語文になったとのことでした。 多くは子供が掛かる病氣なので、何か子供

生理痛

困っている方が多いです。 骨盤の開閉が何らかの理由でスムースにいかないために生じます。 妻も昔は重度の生理痛だったのですが、今ではかなり良くなりました。 生理痛を止める操法などもあり、その効果もあるのでしょうが、一番大きい理由は出産です。 出産時には限界まで骨盤が開くからです。 経産婦の骨盤は触ると分かります。 コロナ禍の時は、まったく意味無く、自然分娩は危険だということで帝王切開をしていました。

Comments


bottom of page