top of page

助産院

助産院てありますが、分娩を受け付けていないところもあります。

 

分娩しない助産院て何してるの?

 

と、以前は何をしている処なのか意味が分からなったのですが、息子を助産院で産んだり(自宅出産でしたので、それまで月一で通い)、道場を開いてから、稽古会をさせて頂いたりでお世話になっている「みさき助産院」に通ったりしている裡にわかってきました。

 

女性には、何人かで集まってあれこれ話をする空間が必要なんだなー、と理解がすすみました。

 

こういう感覚は自分には無いものでしたので、未知の世界を知りました。

 

世の男性は助産院の存在理由をほとんど全くわかっていないです。

 

もう少し男性に認知されるべきですが、普通の男性は行く機会がないですからね。

それは実にもったいないことです。

 

病院で出産された方でも、出産後にはお近くの助産院に通ったり、助産師さんを呼んでケアしてもらったりするといいと思います。

 

出産前後の母子にはそういう時間が必要なんですね。

 

私の道場も、どちらかというとですけど、病院のような存在というより、助産院のような存在になりたいものです。

 

社会的に助産院のような存在が減ってきているので、そういう居場所がもっとあるといいと思うんです。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

野生

月に一度、「みさき助産院」という友達のやっている助産院で稽古会を行っています。 今月は初めて赤ちゃん同伴での稽古会を行いました。 収拾がつかなくなるかな、と思っていて、今までは行ってこなかったのですが、やってみました。 ご来場下さった皆さま初心の方々で、野口整体のこともよく分かっていらっしゃらないわけです。 赤ちゃんがいる中で、色々説明しながら、何かを感じて貰おうと思い実習しました。 実にやりがい

同世代の方の操法

同世代の方の操法は「これまでの経緯」の解像度が違ってくるんですね。 整体操法は身体だけで行うものでは無いのです。 言語野が介在するということです。 同時に聞かなくても分かるんですね。 特にわれわれは氷河期世代ですから、苦労したんだろうなあ、ということが明確に分かるんです。 どういう経緯を辿って来たかもわかるんですね。 面白いですね。 常識を共有しているんです。 操法が早まる場合と、遅くなる場合があ

Comentarios


bottom of page