top of page

ダンス

ダンスを仕事にされている方々が私の周辺にいらっしゃいます。

 

ダンスなんて私には縁遠い職業です。

 

ですが、整体の醍醐味は、自分には興味のない物事を身につけて、日々を送っている方々のお身体に触れることで、その自分と無関係であった対象に対する認識を新たに出来ることにあります。

 

今日もダンスを仕事にしている方のお身体を拝見する機会に恵まれたのです。

 

詳細は省きますが、その方が身体を壊してまでも、ダンスに情熱をそそがれる理由がそのお身体を通して認識できるのです。

 

なんというか、とてもありがたいものなんです。

身体というものは。

 

そこにあって、触れられる、という事実がありがたいんです。

 

一方で、いわゆる、ごく普通の生活を送られてきた方もいます。

平凡な方々です。

しかし実際にそのお身体に触れて観ますと、皆さま、ものすごく重い歴史が身体の奥に積み重なっています。

 

全ての人間は、平凡どころではないんですよ。

 

氣が付くべきです。

 

身体が病んでいるか否か、という問題でもないんです。

長命短命も関係ないです。

 

輝いているというか、美に向かっている時の生き物が健康なんですよ。

 

日々様々なお身体に触れていると実感します。

 

こういったことは言葉を通しての人間認理解とはまた異なるものです。

 

超能力なども必要なく、野口整体には理論がありますので、学習すれば多くの方に身体を通して人間を理解できるはずです。

 

野口整体は現代人には必要不可欠なものであると思います。

 

お互いの身体に触れあって、お互いを理解しあうために、野口整体はあると思うんです。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

農家の方の身体

無農薬の野菜を作っている方がいらっしゃいました。 あらゆる他人に興味のある私ですが、土と常時接続されていて、季節と野菜とお金の流れを全身で捌いている方の身体には一度は触れてみたかったわけです。 私自身は江東区の団地の鍵っ子でしたので、子供時代は自然とは全く無縁にすごしましたが、父方は百姓の家系でしたので、70年くらい前の百姓がどれだけ大変な生活をしていたかは知識としては知っています。 お身体を観ま

手が

よく操法をした後に、手が柔らかいとか、手が熱いとか、言われます。 ここは自分では意識できない処なんです。 当然なんですが、接触する面には意識が二つあるんですね。 触れる人と触れられる人の二つの意識です。 この二つの意識に落差があればあるほど、お互いに別のことを感覚しています。 実際に整体指導というものには、この落差が必要であるし、またなければ成立しませんし、指導自体が無用のものになります。 面、と

朝倉文夫の『墓守』

朝倉文夫の『墓守』という彫刻があるんですが、15年くらい前に、何処かの美術館で観たんですね。 その時は別の作家が目当てで、それを見終えた後に時間があったので、常設の展示を観て回っていたんですね。 その時に観たのです。 周りには自分以外に人がおらず、薄暗い部屋でじっと相対して観ていたんです。 そして、じっと墓守のおじいさんの顔を観ていたら、私の耳の後ろから、人がざわざわ喋る声が聞こえたんです。 でも

Comments


bottom of page