top of page

親知らず

親知らずが生えてきたのは高校2年の頃でしたた。

 

よく憶えているのは、そこから顎関節症になったんですね。

 

私の親知らずは真っすぐに生えてきたのですが、大きくて尖っていたんですよ。

 

上も下も大きく尖っていて、それでその前にある歯が接地しなくなってしまって、噛みしめると、四本の親知らずだけで噛んでいるような状態で、そこから色々おかしくなったんですよ。

 

今から分析すると、歯は頸椎4番なので、息も吐けなくなるんですよ。

頸椎4番が狂うと。

 

それで鬱になるんですよ。息吐けないので。

 

身体も当然歪みますし。

 

それでそこから10代後半から20代後半まで調子悪かったですね、人生。

 

で、28才位かな、に抜いたんですよね親知らずを。

 

抜いてすぐに40℃の高熱が出て、これはそれまで硬直してた筋肉や関節を弛めようとして出たんですね。

 

今にして思うと。

 

その頃は野口整体とか知りませんでしたけど、解熱剤とかは飲みませんでしたね。

 

直感的に飲んではいけないと感じたんですね。

 

そこで飲んじゃってたら弛みませんからね。

せっかく高熱出たのに。

 

それで、人生が好転しだしたのはそこで歯を抜いてからなんですね。

 

そこからまともに頭も身体もまわるようになった。

 

その辺から、頭を使う前に、行動を起こす前に、身体を整えないと駄目なんだと痛感したんですね。

 

それで野口整体に興味を持つようになったんですけど、皮肉なことに野口整体の技術の中に歯に対するアプローチってほとんどないんですね。

 

歯は悪くしたら削るか抜くかしかないですからねえ。

 

何事にも限界があるわけなんですが、でも、施術をしていて、「歯が原因ではないですか?」と本人が氣づいていないことを指摘することはできますので。

 

だから「何も症状がなくてもいらっしゃってください」と言うことがあるんですけど、身体ってほとんどが無意識の側に押し込められていますので、私が触れて言葉にして意識化することができますので、直観的に操法が必要だ、と思ったら一度いらっしゃって下さい。

 

暗闇に光を当てることが出来るかもしれません。

 

よろしくお願いいたします。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

フラで胸痛

フラは胸から上を固定して踊るそうだ。 それで胸椎6番の2側(背骨から指二本分外側)が痛むとのこと。 なかなか興味深いのですが。 つまり、基本的に胸椎6番という骨は感情の骨なんですけど、踊ることが好きで踊っているんですけど、踊ることで、椎骨が捩じれて、逆に感情に制限が生まれてしまうんですね。 3側は主に内臓の血行で、2側というのは起立筋の処ですので姿勢なんですね。 特殊な動きを繰り返すことによって、

リズムと意志

冬の始まりに保湿の為に水を飲み始めて、春の始まりに冬に取り過ぎた栄養の落とすため、食事の制限をするんですね。 季節に順応してリズムを作っていきます。 リズムは呼吸なんです。 呼吸がリズムなんですね。 季節に合わせて身体は開閉するんです。 でも、この季節と身体の複合的なリズムには意志が関与しているんですよね。 タイミングで水を飲んだり、摂食したり、結構めんどうなんですよ。 それなりの意志の強さが必要

夫婦で同じ身体

夫婦でいらっしゃる方で同じような身体になっている方がいます。 何故なのでしょうか? 操法を進めていったら、同じ中毒操法になり、左右型の操法になるんです。 結婚して50年位生活を共にしておられるからでしょうか? それにしても同じなんですね。 体癖は違うんです。 似通ったところはあっても。 夫婦でお互いに身体に乗りあっているんですね。 お互いがお互いの中に入り込んでいるんです。 仲がいいことは確かです

bottom of page