top of page

腹部第四

野口整体では、腹部第四という処の変動で感情の状態を観ます。

 

ですが、感情というものは自身の裡側にはなく、宙に漂ってるんです。

感情、は実際には腹の中には無いんです。

 

考えれば当然なんです。

 

対象があってはじめて、感情が生まれるんです。

 

悪いものを食べて、腹部第五という肝臓の処が固くなるのは、それだけの話なんです。

いま毒は肝臓にあって、解毒の最中というだけの話なんです。

 

腹部第四は違うんです。

 

自分の感情がどちら側につくかなんです。

自分か、その対象かの。

共鳴してるんです。

 

共鳴している時のそのサウンドが感情なんです。

 

腹部第四という処は、そういう場所なんです。

 

腹部第四が固くなってたとしても、感情はその固い腹の中に無いんです。

別の場所にあるんです。

 

だから、ただ押さえても弛まないんです。

 

腹を押さえていても、本当に押さえる処は腹ではないんです。

 

別の手で別の処を押さえるんです。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

姿勢

姿勢を変えたいという人がいます。 端的には、左右と前後をシンメトリーにしたいということです。 そもそも論で言うと、日本では昔からシンメトリー、左右対称を美とは認識していない。 必ず一点を意図して歪ませています。 人間の裡に自然を観ているんですね。 人間は何処かに向かっているから、身体が歪むんです。 静止していたら歪まないんです。 人生は止まっていないんです。 氣から始まっていると仮定して、つまりそ

小さい音、小さい動き

小さい音で演奏される、若しくは意図して小さい音で録音されている音楽があります。 好事家はそういったサウンドを「物音系」などと称します。 まあ私もそういった音楽は好きなわけです。 ゴソゴソ物音が鳴っているだけだったりするんですが、物質や音塊そのものに集注するという行為が愉しいんですよ。 それで私は戯れに音楽や音を頭の中で再生することがあるんですけど、ある人を操法中に、ふと頭の中でその物音で構成された

健康の定義

私にとっての健康は、「自由にやりたいことやっている」という状態を指します。 やりたいことを思いのままにやっていると、ほとんどの場合で寿命は縮みます。 動物園の動物は、野生の動物と比べると、寿命が2倍から3倍あるとのことです。 野生状態というのは非常なストレスが掛かります。 食べたいものがいつでも食べられるわけでもなく、行きたいところに何時でも行けるわけでもないのです。 次にいつ食べられるか分からな

Bình luận


bottom of page