top of page

腹部第四

野口整体では、腹部第四という処の変動で感情の状態を観ます。

 

ですが、感情というものは自身の裡側にはなく、宙に漂ってるんです。

感情、は実際には腹の中には無いんです。

 

考えれば当然なんです。

 

対象があってはじめて、感情が生まれるんです。

 

悪いものを食べて、腹部第五という肝臓の処が固くなるのは、それだけの話なんです。

いま毒は肝臓にあって、解毒の最中というだけの話なんです。

 

腹部第四は違うんです。

 

自分の感情がどちら側につくかなんです。

自分か、その対象かの。

共鳴してるんです。

 

共鳴している時のそのサウンドが感情なんです。

 

腹部第四という処は、そういう場所なんです。

 

腹部第四が固くなってたとしても、感情はその固い腹の中に無いんです。

別の場所にあるんです。

 

だから、ただ押さえても弛まないんです。

 

腹を押さえていても、本当に押さえる処は腹ではないんです。

 

別の手で別の処を押さえるんです。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

耳鳴り

耳鳴りでお悩みの方がいらっしゃいました。 耳鳴りは難しいのです。 整体では耳鳴りは基本的に股関節の狂いに発していると観ます。 あと腎臓、泌尿器系等ですね。 この辺りを調整していくわけなんですけど、調整する処は耳自体ではないんですね。 身体全体のバランス。 姿勢や血行やリンパの流れを変えることによって、それらの焦点が耳に向かうように持っていくんです。 社交ダンスの先生をされている方でしたので、股関節

左手拇指

左手の拇指の使い方が自分は鈍い。 ずっと氣になっていた。 どうも、指先だけを使うと、人と縁が切れるようだ。 逆に手のひらを使うと、人が寄って来る。 人間の心理が、身体の使い方に影響を与えているのです。 要求が動作に現れるのです。 自分の拇指の貧弱さは、自身の人間性の成長度合いと関係が深いようだ。 まだ「全身で押さえる」ということが出来てないのだろう。

bottom of page