top of page

氣が合う

私の氣が必要な方がいる。


氣には形がある。

形というのは隠喩で、色とか匂いでもいいんですけど、兎に角、人によって違う。


自分に欠けた氣というものがある。

自分にはない、形の氣とも色の氣とも表現できる。


たいてい、自分とは遠いが、親近感を感じる人間がそれを発している。

そのことに人生の後半になると氣が付くことが多い。


人間は欠けたものが欲しくなるのです。


私は氣の形というのは練ることはできるけど、死ぬまで大きくは変わらないものだと思う。

それでも、自分以外の氣に触れると何かが響いてきます。


パズルのピースのように、外周の形がぴったり合うことがあります。

そう感じます。

氣がぴったり合うと、お互いの裡の何かが変わるんです。


合わないと思っていても、少し角度を動かかすと、合ったりします。

そこが技術なんです。


氣に関して、私の場合は多くを音楽から学んだように思います。


若い頃は適当に生きていて、普通の道を外れていましたので、そういった方向に練磨されていると思います。


体癖や技術以前の話でした。

氣が合うのも合わないのも面白いものです。

氣が合わないことも楽しめるといいと思います。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

表情と無意識

お身体を観させて頂いている方で、あまり表情が動かない方だなあ、と思っていたんですけど、5種の方だったので特に氣にしてませんでした。 5種の方はやっぱり余り感情や表情を動かさないです。 呼吸器で抑え込むんですね。 常に息を詰めているというか。 感情を抑えて合理的に行動することが快感なんですね。 それでたまに爆発するとされています。 普段は倹約しているんですけど、周期的にバーッと奢ったりとか大金を使っ

姿勢

姿勢を変えたいという人がいます。 端的には、左右と前後をシンメトリーにしたいということです。 そもそも論で言うと、日本では昔からシンメトリー、左右対称を美とは認識していない。 必ず一点を意図して歪ませています。 人間の裡に自然を観ているんですね。 人間は何処かに向かっているから、身体が歪むんです。 静止していたら歪まないんです。 人生は止まっていないんです。 氣から始まっていると仮定して、つまりそ

更年期障害、中年の危機

中年の危機という問題がある。 ユングは40歳くらいで生じると書いている。 簡単に言うとそれまでの行き方がそのぐらいの年から通じなくなる、ということ。 西洋占星術だと、サターンリターンといって、生まれた時のホロスコープ上にあった土星の位置に、また土星が一周して帰って来ることを言います。 約30年。 ここで、自分にとっての土星の意味が一新されるんですね。 土星の意味は、制限や規律や圧力、乾いていて痩せ

Comments


bottom of page