top of page

岡島瑞徳

師匠にお誘い頂いて、岡島瑞徳先生のお墓参りに行ってまいりました。

お墓は渋谷にあるのですが、ビルの狭間にあって格好いいのです。

お好きだったというエビスビールなど捧げました。


岡島先生は私の師匠の師匠なのですが、直接お会いしたことはありません(妻は会ったことがあるんですねこれが)。

知っているのは鞄もちをされていた師匠からの伝聞と講義録とビデオでのお姿を通してです。

内部での話や、市販されていない講義録など読むと、とても人間的な方ですごい魅力があったのだろうなあ、と思います。


特に偉かったなあと思うのが、講義録を残されたことです。

野口晴哉先生の高弟だった方々とかいらっしゃるわけですが、その方々は講義録など残していないので、その高い水準の技術も思考も全て消えてしまいました。

ほとんど受け継がれていないんですね。

ほぼすべて消失しています。


岡島先生は、ここまで考えて、ここまで技術を磨いた、という証を講義録として残していて、そのことは本当に素晴らしく5種的に現実的だった。

記録しなければ技術も思考も消えるのです。


岡島先生の講義録がなければ、少なくとも私の技術も思考も20年は遅れていました。

ありがとうございました、という念で墓前でビールを頂きました。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

髪を染める

髪を染めたら、何か身体がおかしくなった、という方がいます。 髪を染める液体に何か入っているのでしょうね。 多くの人には何も起きなくても、敏感な人には何かが起きます。 そういうことはよくあります。 多くの会社は人体への影響や害を詳細に分析して、避けて、商品化などしません。 残念ながら。 省庁が決めたレギュレーションに従って商品開発しているのでしょうが、そんな規制や禁則などはどうせいい加減なものです。

腹部第四調律点

腹部第四調律点という処が硬いと感情が鬱滞しているとされます。 本質的なことを言うと、泣かないとお腹は弛みません。 でも大人はかんたんには泣けません(3種の人はわりかしかんたんに泣きます。だから腹部第四が硬くなり難い)。 そこで、大人のお腹を弛めるにはどうしたらいいか? ということなんですね。 先日友人と稽古していたんです。 腕を使ってお腹を弛める稽古です。 腕のある特定の処を押さえるとお腹が弛むん

あなたの未来が見える

いらっしゃる方の身体を観ていて、その方の未来が視える時があります。 私は予言者ではありませんので、確定した未来が視えるのではないです。 私に視えるのは、その人が感じている、思い描いている未来です。 漠然としたものなのですが。 空想している未来であったり、固定観念から生じている未来だったりします。 もちろん、過去も視える時があります。 でも、漠然としたものですよ。 自分が思い描く未来になる、というの

Kommentarer


bottom of page