top of page

共同作業

自分はずっと共同作業が苦手だと思っていたんです。

 

いつも一人で行うことを志向して来ました。

 

昔は色々なことがあんまり上手くいかなかったんです。

 

最近になって、ハッとして、氣付いたんですが今現在から振り返って、手元に残っているものは、全て共同作業によって成し遂げたものでした。

 

基本的に一人で行うこと。

 

絵を描いたり、音楽を作ったり、が好きだったわけです。

 

振り返ると本当に、誰かと何かを一緒に行う、という内容のことでしか評価されませんでした。

 

整体が最たるものでした。

 

絶対に一人では出来ないのです。

 

才能というのは不思議なものです。

 

自分で気付かない場合があるのと、同時に、複雑で複合的な才能というものがあるんです。

 

悲しいことに自分は一人では何も出来ないことを認めた時に、人生が好転し出したんです。

 

というわけで、皆さまにお会いできることを楽しみにお待ちしております。

 

よろしく!

0件のコメント

最新記事

すべて表示

野生

月に一度、「みさき助産院」という友達のやっている助産院で稽古会を行っています。 今月は初めて赤ちゃん同伴での稽古会を行いました。 収拾がつかなくなるかな、と思っていて、今までは行ってこなかったのですが、やってみました。 ご来場下さった皆さま初心の方々で、野口整体のこともよく分かっていらっしゃらないわけです。 赤ちゃんがいる中で、色々説明しながら、何かを感じて貰おうと思い実習しました。 実にやりがい

同世代の方の操法

同世代の方の操法は「これまでの経緯」の解像度が違ってくるんですね。 整体操法は身体だけで行うものでは無いのです。 言語野が介在するということです。 同時に聞かなくても分かるんですね。 特にわれわれは氷河期世代ですから、苦労したんだろうなあ、ということが明確に分かるんです。 どういう経緯を辿って来たかもわかるんですね。 面白いですね。 常識を共有しているんです。 操法が早まる場合と、遅くなる場合があ

留言


bottom of page