top of page

アトピー

更新日:6月4日

アトピーの方がいらっしゃっていて、操法する処は当然、皮膚系統の腰椎1番とアレルギー系統の肝臓が中心になるのですが、他にも色々な要素が絡まりあっていまして操法の内実を語るのは難しいです。

 

身体の中にネットワークがあるんです。

 

ある処を押さえると、別の処に反応があるんです。

 

この症状にはこのツボ、というのは素人向けです。

 

よく観察すると、一般的には全然関係ない処を押さえる必要が出てくるんですね。

 

ある時この方から「自分の動きが固いのは、子供の頃、痒くなるから身体を自由に動かせなったから」と聞いたんです。

 

確かに動きが固いんですね。

でも今ではそこまでアトピーは酷くないんです。

 

習い性になっちゃてるんですね。

 

これは、聞かないと分からなったですねえ。

なるほどなあ、と。

 

動きそのものは背骨から指二本分外側の二側というところで観るんですが、ここは随意筋を統括しているんですね。

 

たしかに硬直しているんですが、だとすると、これはもはや意味のない硬直なんですね。

 

こういういまでは無意味な身体の記憶を消したいんですが、ここから先は潜在意識教育の領域になっていて、これは高等技術なんですね。

 

潜在意識は、背骨から指一本分外側の一側の領域なんです。

 

そこに語り掛けていきたいなあ、と思うんですが、やっぱりこれがなかなかこっちの言うことを聞いてくれないわけです。

 

でもまあそれにしても、ここは薬では絶対に届かない領域です。

 

野口整体ではその領域が操法の対象になることもあるのです。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

腰痛

腰痛になってしまって。 調べると、腰椎1番の右二側が中心。 単純に操法中の身体の使い方が下手なんですね。 頑張ればいいってものじゃないんです。 7種体癖なのでつい頑張ってしまって、身体を捩じって使ってしまうんです。 情けないことです。 そしてこの痛めた処は肝臓の急所でもあって、どうも肝臓も腫れてるようで、怒りっぽくなっていて、反省しています。 身体と心の使い方を改めろ、との天の声と捉えています。

手足口病

子供が少し前に手足口病に罹ったんです。 対処自体は胸椎7番に愉氣をします。 すると、氣の反応が手と足と口に行きます。 それらにひたすら愉氣するだけです。 もともと健康体の子供ならそれだけで十分です。 薬などいりません。 2、3日で経過しました。 幼児園のお友達も感染したのですが、その子は病の経過後は一語しか喋れなかったところが、二語文になったとのことでした。 多くは子供が掛かる病氣なので、何か子供

生理痛

困っている方が多いです。 骨盤の開閉が何らかの理由でスムースにいかないために生じます。 妻も昔は重度の生理痛だったのですが、今ではかなり良くなりました。 生理痛を止める操法などもあり、その効果もあるのでしょうが、一番大きい理由は出産です。 出産時には限界まで骨盤が開くからです。 経産婦の骨盤は触ると分かります。 コロナ禍の時は、まったく意味無く、自然分娩は危険だということで帝王切開をしていました。

コメント


bottom of page