top of page

1種と4種

皮膚か肝臓に変動が生じる。

 

腰椎1番か胸椎9番。

 

最近はそこで見極めている。

 

表面に出るか、裡側に入るか。

 

これが身体の癖。

 

動作以前。

 

重心以前。

 

分かりますかね。

 

重心に反映される以前に、この場合は皮膚か内臓に感情が停滞する。

 

感受性の反応速度といいますが、氣の速度と方向が点在して拡散するんです。

 

人様の身体を実際に観るようになると、体癖というのは氣楽に観れなくなるんです。

 

触らないと分からないんです。

 

存在が一塊になっているんです。

目の前で。

身体というのはそういうものなんです。

少なくとも私にとっては。

 

癖は癖なんですけども。

癖と言うには重たいです。

 

肉の裡と表面に、氣が、蜘蛛の巣の様に張り巡らされているんです。

 

そしてその身体が、別の身体と、縁で結ばれてるんです。

 

何もかもが反応しあっているんです。

 

以上が、私の今の体癖理解です。

 

伝えたいんですけど、伝えきれません。

申し訳ないです。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

5種と思いきや1種、というか複合体癖

5種だよなあ、という方がいらっしゃたのですが、実際に背骨を調べて観ていくと、「おやおや?」と。 5種らしいところが5種的でなくて1種的だったんですね。 腰椎部なんですけど、ある部分は5種で、ある部分は1種なんです。 これで私は得心しまして、「これが複合体癖か」と。 もちろん知識としては複合体癖は知ってはいましたが、指で理解した時は驚きました。 本当に綺麗にキメラの様に混じりあっているんです。 二つ

胸椎3番の突出

ここが突出していると、呼吸器が疲れている状態。 体癖と言いますが、還元すると、一個一個の動きなんですね。 もう一段還元すると、氣の動きになるのです。 氣の動きが背骨に反映されるんです。 氣が先。 しかし氣にも類型があるわけです。 この端的な事実を形而上の氣が、形而下の身体に影響を与えている、と言っていいのか分かりません。 この辺を詰めていくと、形而上学の話になってきます。 それはともかく、自分には

縁が切れる時、結ばれる時

人間生きていますと、周期により、縁が切れたり結ばれたりします。 人間関係の波に、上手く乗れるといいと思います。 頭と身体が逆方向になっている時は、身体の言うことを聞いて、身体の向いている方向に行った方が無難です。 自分自身の経験でもそうでした。 上下型の方にとっては難しいのですが、考えない方がいい時もあります。 薬を飲んでも良い時もあります。 毒を飲んでも良い時もあります。 効かない薬も、効かない

コメント


bottom of page