top of page

mRNAワクチン

ここではmRNAワクチンの正否は問いません。

新型コロナウイルスに対する効果などは多くの方々が様々に論じていますのでそちらに譲ります。

ややこしくなるので、生ワクチンや不活化ワクチンにも言及しません。


私が整体の臨床の現場からお伝えしたいのは、mRNAワクチンを接種した方の身体は多く胸椎4番と7番9番11番及び盲腸に変動を起こしやすい、ということです。

これは心臓と脾臓と肝臓と生殖器にあたります。


手が胸椎のそこで止まるんです。

この身体の状態は明らかに毒が身体に入った状態なわけです。


多くは自覚がありません。

mRNAワクチンを毒だと思っていないからです。

健康診断の数値に現れない不調でも、触れればわかります。


仮に新型コロナウイルスに対して効果があるとしても、新型コロナウイルス感染症になった時以上の負担が身体に掛かるのだったら、mRNAワクチンを打つ意味が無いと思うのですが、少し理解に苦しみます。


自分は善悪を超えたところで仕事をしたいと思っています。

着手した時に価値判断は停止しています。

触れたお身体の向かいたいところに向かわせるための、氣と身体の交通整理が仕事内容です。

いらっしゃる方は善人でも悪人でもいいのです。

私が善人でも悪人でもないからです。


私は、mRNAワクチンを打っていても打っていなくても差別をしません。

もしmRNAワクチンを打ってから漠然とした身体の不調を感じる方は、その旨お申し付けください。

事前に言っていただけた方が、身体を観る時の精度が上がります。


また今後もmRNAワクチンを打つ氣持ちでいる方は、リスクリワードをよく計算してからになさってください。

よろしくお願いいたします。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

健康の定義

私にとっての健康は、「自由にやりたいことやっている」という状態を指します。 やりたいことを思いのままにやっていると、ほとんどの場合で寿命は縮みます。 動物園の動物は、野生の動物と比べると、寿命が2倍から3倍あるとのことです。 野生状態というのは非常なストレスが掛かります。 食べたいものがいつでも食べられるわけでもなく、行きたいところに何時でも行けるわけでもないのです。 次にいつ食べられるか分からな

5月の初等講座のお知らせ

岡島瑞徳先生の初等講座の講義録を参照させていただきながら、稽古会を行っています。 平成14年の講義録を参照させていただいて稽古をします。 この講座は全12回1年にわたり整体に於ける基礎的な考え方、処や型などについて岡島先生が講義なさっております。 第五回の講義の主題は「・整体をやるにあたっての心構え・脊椎操法三側・救急操法」になります。 私自身が岡島先生の整体に対する理解を深めるために初心で稽古し

10種の方の茫洋とした感じ

開型。 10種の方は、なんだかぼんやり、茫洋としている、と言われています。 先日操法にいらした方が、どうにも曖昧で体癖がわからなかったんですが、操法を終えた後に、少し話をしていましたら、一向に帰らないんですね(笑)。 いつお帰りになるのかな~、っと思っていたんですけど、ご本人が「私はなかなか帰らないんです」と訥々とおっしゃるので、爆笑してしまって、ああこの方は10種なんだ、とわかったんですね。 野

Comments


bottom of page