top of page

風邪と野口整体

何度か書いているのですが、私どもは風邪を利用するんですね。

重要なのは積極的な態度なんです。

 

風邪を引いても薬を飲まない方はそれなりにいらっしゃるんですが、ただの我慢というか、薬嫌いというか、そういう姿勢です。

 

高熱が出ても免疫系が「ウイルスや細菌と戦ってる証拠」という感じです。

 

そういうことではないんです。

 

風邪を引いたなら、風邪を引いた原因が自身の体内にあり(決して弱いからではない)その原因を変化させるために、風邪を引き、身体のある特定の部分を弛めるために、高熱へと体温を誘導した、と観るべきなんです(以上の見方が適応できるのは、特定の疾患を持っていない方は、と一応限定しますが)。

 

野口整体の風邪の観方では、身体や免疫は風邪やウイルスと戦わないんです。

 

自然に生じ、自然に共益するために、身体で風邪という現象が発生するのです。

全ては健康の裡で起きることです。

 

積極的な目を持って欲しいのです。

 

ウイルスの都合と人間の身体の都合は必ずしも対立していないということです。

すくなとも、従来の型の風邪の原因となるウイルスでは。


風邪という身体状態を利用して、滞りなく経過させて、より弾力のある身体を取り戻しましょう。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

髪を染める

髪を染めたら、何か身体がおかしくなった、という方がいます。 髪を染める液体に何か入っているのでしょうね。 多くの人には何も起きなくても、敏感な人には何かが起きます。 そういうことはよくあります。 多くの会社は人体への影響や害を詳細に分析して、避けて、商品化などしません。 残念ながら。 省庁が決めたレギュレーションに従って商品開発しているのでしょうが、そんな規制や禁則などはどうせいい加減なものです。

1側の人、2側の人、3側の人

野口晴哉先生は、初期の頃は多くは3側で病氣を治していたとのこと。 3側というのは脊椎から指3本外の処。 ここは主に内臓の血行の調整に使う処なので、ここで臓器の異常の多くが治せるわけです。 きっと野口先生にはかんたんだったんでしょうね。 内臓の臓器の血行以上を改善して、その臓器の異常を治すのは。 2側は運動機能。 1側は潜在意識や無為運動。 現在の私の行き方では、このそれぞれの処の関係性を読んで、押

Comentários


bottom of page