top of page

風邪の経過

風邪の経過です。

症状として最後まで残っているのが、左の口の端が切れていることと、右側の喉の腫れ。

 

どちらも泌尿器の症状なんですが、左の口の端はそのまま左の腎臓で、右側の喉の腫れは腎臓の負担から身体が捩じれて右の頸が曲がっているから、なんですね。

 

熱も咳もおさまったのですが、やっぱり泌尿器の症状が最後まで残るのだな、と。

 

兎に角、「飲み食いし過ぎです、君は」と自分に向かって言いました。

 

口と喉が変だから、全然食欲ありません。

 

ここまで、身体が風邪を通して意志を表明しないと、暴飲暴食を止めないんですね。

我ながら呆れます。

 

でもね、皆さまも氣を付けてくださいよ。

風邪をただの風邪と思わずに、身体の声をよく聴いてください。

 

私の話より、ご自身の身体の声を聴いて欲しいんです。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

身体って、毎回違って面白い

(以下の文章は妻がインスタグラムに書いたものです。女性ならではの視点でとても良い内容なので皆さまに読んでいただきたく転載いたします。女性の身体は男性とは全く違いますよね。女性はもっとご自身の身体を、男性は異性の身体をもっと知るべきと思います。) 4/24の満月の夜、急に体調が悪化した。喉の痛みと、全身の気怠さ。あっ、この後熱が出るな!と。 普通は『風邪引いた』と、捉えるだろう。 でも、今回私の見立

治療ではなく、身体を強くすることに集注する

治療のために操法にいらっしゃる方もおられるのですが、当塾は、本質的には、自分で自分の身体を健康に育てていく、ということを目標としています。 操法というのは、そのための手助けです。 ご自分の身体のある箇所にその場その時に集注していただく為のものです。 健康な身体作りの為には、ただ受動的に操法を受けるだけでなく、受けている操法に対する知的な理解も必要です。 その為に稽古会や初等講座などを開いております

猫族の人間

猫に近い人間がいる。 悪い意味でないですよ。 日々操法をしていて様々な方のお身体に触れていますと、これはしんどいだろうな、という方がいます。 人間界で生きるには。 毎日操法をしているんですが、その量が一定数を超えると「人間」の概念が更新されます。 「人間」というものはこういうものだ、と義務教育などで習ってきたわけですが、どうも実際は違うようです。 実際に指で触れて、毎日お身体を観させて頂いているの

Σχόλια


bottom of page