top of page

風邪の時の過ごし方

野口整体では、風邪を引いた時は、普通に過ごしていてよいとされています。

 

熱が出ている時はいつも通りに動いて、熱が平熱以下に下がった時に休みましょう、とされています。

 

「熱が出ている時は、動いていいんですよ、下がったら休みましょう」と私もそう指導していたのですが、現代での仕事はPCやスマホの画面を視るのが普通なんですね。

 

風邪を引いていながら皆さまスマホを視ているんですね。

 

野口晴哉が生きていた40年以上前の時代とは違うわけなんです。

 

ですので、私は今では、思い切って言うんです。

 

風邪を引いたら、布団に入って寝ていましょう、と。 

多くの現代人は、目を頭を休めるために風邪を引きます。

 

こういった風邪の場合、熱が平熱以上だろうが、平熱以下だろうが、バックライトのモニターを視るべきではないです。

 

昔、野口先生は、これからは「肝臓の時代」だとおっしゃったそうです。

これからは肝臓に負担が掛かる時代であると70年代に予見されたんでしょうね。

 

私は令和の今の時代は、やはり、「目と脳の時代」だと思います。

 

風邪でも何でもいいんです。

適当な理由を付けて、目と脳を休めてください。

 

よろしくお願い致します。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

腰痛

腰痛になってしまって。 調べると、腰椎1番の右二側が中心。 単純に操法中の身体の使い方が下手なんですね。 頑張ればいいってものじゃないんです。 7種体癖なのでつい頑張ってしまって、身体を捩じって使ってしまうんです。 情けないことです。 そしてこの痛めた処は肝臓の急所でもあって、どうも肝臓も腫れてるようで、怒りっぽくなっていて、反省しています。 身体と心の使い方を改めろ、との天の声と捉えています。

手足口病

子供が少し前に手足口病に罹ったんです。 対処自体は胸椎7番に愉氣をします。 すると、氣の反応が手と足と口に行きます。 それらにひたすら愉氣するだけです。 もともと健康体の子供ならそれだけで十分です。 薬などいりません。 2、3日で経過しました。 幼児園のお友達も感染したのですが、その子は病の経過後は一語しか喋れなかったところが、二語文になったとのことでした。 多くは子供が掛かる病氣なので、何か子供

生理痛

困っている方が多いです。 骨盤の開閉が何らかの理由でスムースにいかないために生じます。 妻も昔は重度の生理痛だったのですが、今ではかなり良くなりました。 生理痛を止める操法などもあり、その効果もあるのでしょうが、一番大きい理由は出産です。 出産時には限界まで骨盤が開くからです。 経産婦の骨盤は触ると分かります。 コロナ禍の時は、まったく意味無く、自然分娩は危険だということで帝王切開をしていました。

Comments


bottom of page