top of page

頭と身体がちぐはぐな季節

この季節に頭と身体がちぐはぐになる方が多くいます。

様々な要因があります。

 

どうにもならないのです。

大人ともなると。

 

しかも皆さま現代社会で生きておりますので、身体の求める方向と、社会に求められる方向とが違うんですね。

 

その上さらに、この時期は季節の要因が重なりまして、三寒四温とかいいますが、身体が開いていいのか閉じたままの方がいいのか、はっきりしないんですね。

 

子供なんかは皮膚が引き締まったまま、骨が開くのですが、大人はやっぱり難しいです。

 

対応しなければならない方向がてんでばらばらなんですね。

 

野口整体では、そういった込み入った状態を、身体全体と季節の流れを観て調律するんですね。

 

野口整体では、押さえる処を、ツボというのではなく、調律点というのですね。

創始者がそう命名したんです。

 

身体が周囲の環境と良い響きを鳴らすために、調律するんですね。

 

色々な方の身体を観ていて、この時期は摂食をした方が身体の開閉が滞りなく進むと感じます。

 

春の下痢をしますと、頸が弛んで、肝臓も休まりますので。

 

でもそう偉そうに言っている、私が食べてしまうんですよねえ。

冷えで尿酸が胃酸に化けて、お腹が空いてくるんです。

 

この時期は食べれば食べるほど季節に身体が遅れをとってしまうようです。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

左の肩甲骨

恥ずかしながら、肩甲骨と胸椎の間の筋肉を痛めてしまった。 3月ともなると左骨盤が開いて、重心が左に動きます。 開ききらないと、小指に重心が残って、心臓や肛門に負担が行くわけなんです。 人によってはそこから、盗癖や自殺願望などに心理が発展していってしまいます。 春にはスパッと身体を開ききることが重要なんですね。 ですので、この時期の操法も、すんなり骨盤が開いていくように調整していきます。 人にはそん

止める下痢、止めない下痢

衰弱する下痢は腰椎4番の下痢で止めないといけないと言われています。 腰椎2番の下痢は止めて良いと。 痢症活点を押さえると下痢は止まるんですけど、止めるべきか止めざるべきか。 捨てる必要があるから捨てているわけで、ほとんどが止める必要が無いのでしょうが。 神経性のものは、止めてあげたい、とか思うんですけど(自分が神経性の下痢に昔よくなったから)。 この時期はそろそろ春の下痢です。 冬の間に貯め込んだ

Comments


bottom of page