top of page

身体の弛むと引き締まる

立春になって、身体が弛んだところで、大雪です。

 

身体が左後頭部から弛んでくるこの時期に、雪が降りまして、今度は転ぶまいと股関節が締まって来てしまうんですね。

 

さらに雪道を車の運転をして、歯医者に歯の治療に行くという、神経を物凄く使うことも同時になさった方がいました。

 

「凄く頭が痛い」とのことでした。

 

春の弛む方向と、雪と歯の治療の引き締まる方向とで、身体ががちゃがちゃになってるんですね。

 

それで頭の縫合部の一部分にしわ寄せが行くんです。

 

頭痛も神経的なキーンッというような痛みだそうです。

 

身体が凄く敏感であっち側にもこっち側にも反応してしまうんですね。

もう少し鈍いといいんですけども。

 

気の毒でしたので、頭の穴追いをしました。

 

身体全体の外界に対する反応を少し鈍くするにはどうしたらいいのかなあ、と思うんです。

 

今後の研究課題となっています。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

フラで胸痛

フラは胸から上を固定して踊るそうだ。 それで胸椎6番の2側(背骨から指二本分外側)が痛むとのこと。 なかなか興味深いのですが。 つまり、基本的に胸椎6番という骨は感情の骨なんですけど、踊ることが好きで踊っているんですけど、踊ることで、椎骨が捩じれて、逆に感情に制限が生まれてしまうんですね。 3側は主に内臓の血行で、2側というのは起立筋の処ですので姿勢なんですね。 特殊な動きを繰り返すことによって、

リズムと意志

冬の始まりに保湿の為に水を飲み始めて、春の始まりに冬に取り過ぎた栄養の落とすため、食事の制限をするんですね。 季節に順応してリズムを作っていきます。 リズムは呼吸なんです。 呼吸がリズムなんですね。 季節に合わせて身体は開閉するんです。 でも、この季節と身体の複合的なリズムには意志が関与しているんですよね。 タイミングで水を飲んだり、摂食したり、結構めんどうなんですよ。 それなりの意志の強さが必要

夫婦で同じ身体

夫婦でいらっしゃる方で同じような身体になっている方がいます。 何故なのでしょうか? 操法を進めていったら、同じ中毒操法になり、左右型の操法になるんです。 結婚して50年位生活を共にしておられるからでしょうか? それにしても同じなんですね。 体癖は違うんです。 似通ったところはあっても。 夫婦でお互いに身体に乗りあっているんですね。 お互いがお互いの中に入り込んでいるんです。 仲がいいことは確かです

bottom of page