top of page

身体の弛むと引き締まる

立春になって、身体が弛んだところで、大雪です。

 

身体が左後頭部から弛んでくるこの時期に、雪が降りまして、今度は転ぶまいと股関節が締まって来てしまうんですね。

 

さらに雪道を車の運転をして、歯医者に歯の治療に行くという、神経を物凄く使うことも同時になさった方がいました。

 

「凄く頭が痛い」とのことでした。

 

春の弛む方向と、雪と歯の治療の引き締まる方向とで、身体ががちゃがちゃになってるんですね。

 

それで頭の縫合部の一部分にしわ寄せが行くんです。

 

頭痛も神経的なキーンッというような痛みだそうです。

 

身体が凄く敏感であっち側にもこっち側にも反応してしまうんですね。

もう少し鈍いといいんですけども。

 

気の毒でしたので、頭の穴追いをしました。

 

身体全体の外界に対する反応を少し鈍くするにはどうしたらいいのかなあ、と思うんです。

 

今後の研究課題となっています。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

姿勢

姿勢を変えたいという人がいます。 端的には、左右と前後をシンメトリーにしたいということです。 そもそも論で言うと、日本では昔からシンメトリー、左右対称を美とは認識していない。 必ず一点を意図して歪ませています。 人間の裡に自然を観ているんですね。 人間は何処かに向かっているから、身体が歪むんです。 静止していたら歪まないんです。 人生は止まっていないんです。 氣から始まっていると仮定して、つまりそ

身体って、毎回違って面白い

(以下の文章は妻がインスタグラムに書いたものです。女性ならではの視点でとても良い内容なので皆さまに読んでいただきたく転載いたします。女性の身体は男性とは全く違いますよね。女性はもっとご自身の身体を、男性は異性の身体をもっと知るべきと思います。) 4/24の満月の夜、急に体調が悪化した。喉の痛みと、全身の気怠さ。あっ、この後熱が出るな!と。 普通は『風邪引いた』と、捉えるだろう。 でも、今回私の見立

治療ではなく、身体を強くすることに集注する

治療のために操法にいらっしゃる方もおられるのですが、当塾は、本質的には、自分で自分の身体を健康に育てていく、ということを目標としています。 操法というのは、そのための手助けです。 ご自分の身体のある箇所にその場その時に集注していただく為のものです。 健康な身体作りの為には、ただ受動的に操法を受けるだけでなく、受けている操法に対する知的な理解も必要です。 その為に稽古会や初等講座などを開いております

Comments


bottom of page