top of page

虫歯とインド人

以前、知り合いのインド人が生まれてから一度も虫歯になったことが無いと言っていた。

 

曰く「食事の後に毎回、口をゆすいでいたから」とのこと。

 

実際の現実と本人の脳内のストーリーは大抵食い違うものですが、どうでしょうか?

 

その方は私の観る限り、前後型。5種の方でした。

5種は呼吸器と肝臓に特徴があります。

 

肝臓と歯は関係が深いのですが、肝臓が頑丈なだけで、虫歯にならないとも思えません。

 

日本人の成人男性で産まれてから一度も虫歯になったことが無い人は稀でしょう。

 

考えられる要素は二つで、食事の内容と、口内や体内の細菌叢。

 

もしかしたら、スパイスは歯に良いかもしれない。

辛いと唾液が出るし、肝臓にも作用するしで。

その人は南インドの方だったけど、その地の特定のスパイスが歯に良いのかも。

 

もう一つは口内や腸内の細菌叢。

常在菌が作用しているのかもしれないですね。

 

日本人の過剰な衛生観念は私は健康にマイナスに作用していると思っています。

消毒し過ぎ、抗菌し過ぎ、洗い過ぎ。

 

さらにもう一つは、インドの歯磨き粉の成分が良いのではないでしょうか。

日本のものより粗末な印象ですが、多分非常にシンプルな成分の歯磨き粉なのでしょう。

歯磨き粉は余分なものが入ってない方が良いと思います。

 

とにかく、ここで私が言いたいのは、健康になりたかったら、常識を一度捨てましょうということ。

 

そして、よく人の話を聞くこと。

意外な人の意外な部分が異様に健康だったりします。

 

その人の生活習慣を根掘り葉掘り聞くべきです。

そして、動作観察をして、背骨を調べて、思考の枠組みを探るのです。

 

因みに、そのインド人の方はプログラマーでかつ運転免許証を持っていない人でした。

今から考えると何だか変わった人だったな。

 

自分の接してきた範囲ですが、日本に来て日本語がペラペラに喋れる位のインド人はなんだか凄く日本的で謙虚な人が多い印象です。

中身が日本人みたいだった。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

健康の定義

私にとっての健康は、「自由にやりたいことやっている」という状態を指します。 やりたいことを思いのままにやっていると、ほとんどの場合で寿命は縮みます。 動物園の動物は、野生の動物と比べると、寿命が2倍から3倍あるとのことです。 野生状態というのは非常なストレスが掛かります。 食べたいものがいつでも食べられるわけでもなく、行きたいところに何時でも行けるわけでもないのです。 次にいつ食べられるか分からな

治療ではなく、身体を強くすることに集注する

治療のために操法にいらっしゃる方もおられるのですが、当塾は、本質的には、自分で自分の身体を健康に育てていく、ということを目標としています。 操法というのは、そのための手助けです。 ご自分の身体のある箇所にその場その時に集注していただく為のものです。 健康な身体作りの為には、ただ受動的に操法を受けるだけでなく、受けている操法に対する知的な理解も必要です。 その為に稽古会や初等講座などを開いております

風邪は愉しいもの

久しぶりの風邪を引いていました。 私はしょっちゅう風邪を引きます。 40℃まで熱がでたんですけど、嬉しいですね。 癌細胞も死にますし。 体内の細菌とかウイルスも活動停止したりして、食欲も無くなり内臓も休めますし(これは普段から断食とかたまにしてればいいんですけどね)。 スマホも見れませんから、目も神経も休まりますよね。 本当に風邪は愉しいものです。 風邪が経過した後はどれだけ健康になるのかワクワク

Comments


bottom of page