top of page

自分を信じましょう

何を食べようが一緒、とまでは言う氣はないけど。 

 

どんなに身体に良いという食べ物でも、嫌いな音楽を聴きながら食べると、身体がおかしくなる。

 

部屋が暑かろうが寒かろうが、好きな人と一緒に暮らしていれば、そこはいつも適温。

 

健康法は大体が一般論。 

何が良いか悪いかは個人で決めること。

 

自分の感覚を大切に。

 

その時、その瞬間の自分が正しいと感じたなら、それは大抵正しい。

 

自身の行動をジャッジ出来るのは最終的には自分だけです。

 

そこに他人は関与できない。

 

惑わされないように。

 

私の仕事は、あれを食えあれを食うなとか、こういう服を着ろとか、こういう住環境を整えろ、とか言うのでなくて、何でもいいよ、何とかしてみせる、と言えるような氣構えを一緒にしていくことです。

 

そこからしか始まらないんです。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

病氣治しではなく、身体を強くする

今日あらためて氣づいたんです。 私は、病氣を治したいのではなくて、来た方の身体を強くしたいのだと。 師匠によく言われていたんです「悪い処を観ない、良い処を観る」と。 最近操法をしていてもつくづく感じるんです。 悪い処を観てもしょうがないんです。 消えないんですよ。 悪は。 何をしても消えません。 どこか別の処に逃げるだけなんです。 消滅しないんです。 だから良い処を観て、そこに集注するんです。 そ

ニンニクで腸内細菌が

ニンニクを沢山食べると腸内細菌が全部死滅するとのことで、実験として、三欠片を擦ってラーメンに入れて食べてみました。 翌日が予約なく休みでしたので。 それから一週間くらい経ってますが、腸内は特になんともなかったです。 下痢とかも無かったです。 しかし当然ながら、家族には不評で、臭くて気持ち悪いと。 妻には消臭剤をかけられました(ひどい)。 もっと大量に食べないと駄目なんですかね。 私の持論何ですけど

胃痛と自己表現

胃が痛いとのこと。 身体を観るとたしかに胸椎6番に変動がある。 胃が痛い身体というのは手で触って確認すれば簡単に分かるのですが、原因が難しい場合があるんですね。 「食べ過ぎか」と聞いても「そうでもない」と、たしかにそんなに食べ過ぎの身体ではないんですね。 よくわからにままに操法を進めていくと、あるところで「自己表現を止めたから胃が痛くなった」と分かったんですね。 そういうことで胃が痛くなったりする

Commenti


bottom of page