top of page

自分を信じましょう

何を食べようが一緒、とまでは言う氣はないけど。 

 

どんなに身体に良いという食べ物でも、嫌いな音楽を聴きながら食べると、身体がおかしくなる。

 

部屋が暑かろうが寒かろうが、好きな人と一緒に暮らしていれば、そこはいつも適温。

 

健康法は大体が一般論。 

何が良いか悪いかは個人で決めること。

 

自分の感覚を大切に。

 

その時、その瞬間の自分が正しいと感じたなら、それは大抵正しい。

 

自身の行動をジャッジ出来るのは最終的には自分だけです。

 

そこに他人は関与できない。

 

惑わされないように。

 

私の仕事は、あれを食えあれを食うなとか、こういう服を着ろとか、こういう住環境を整えろ、とか言うのでなくて、何でもいいよ、何とかしてみせる、と言えるような氣構えを一緒にしていくことです。

 

そこからしか始まらないんです。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

髪を染める

髪を染めたら、何か身体がおかしくなった、という方がいます。 髪を染める液体に何か入っているのでしょうね。 多くの人には何も起きなくても、敏感な人には何かが起きます。 そういうことはよくあります。 多くの会社は人体への影響や害を詳細に分析して、避けて、商品化などしません。 残念ながら。 省庁が決めたレギュレーションに従って商品開発しているのでしょうが、そんな規制や禁則などはどうせいい加減なものです。

1側の人、2側の人、3側の人

野口晴哉先生は、初期の頃は多くは3側で病氣を治していたとのこと。 3側というのは脊椎から指3本外の処。 ここは主に内臓の血行の調整に使う処なので、ここで臓器の異常の多くが治せるわけです。 きっと野口先生にはかんたんだったんでしょうね。 内臓の臓器の血行以上を改善して、その臓器の異常を治すのは。 2側は運動機能。 1側は潜在意識や無為運動。 現在の私の行き方では、このそれぞれの処の関係性を読んで、押

Comments


bottom of page