top of page

胃腸炎は栄養を捨てるため

この時期までの間に、過剰栄養が肝臓に溜まるんですね。

 

現代の日本人は、冬の間に沢山無駄に食べてしまうからなんです。

 

立春も過ぎでて、もはや春なんですが、春に向けて胃腸炎になる方が多かったです。

世間ではウイルスが流行ってるという解釈ですが、私はその説はとりません。

 

身体が、過剰栄養を捨てて、摂食して胃腸を休めるために、ウイルスを利用して胃腸炎になったと観ています。

 

私もこの冬、胃腸炎になりました。

 

当然、薬なんて飲みませんので、自然に経過して、消化器、肝臓が特に休まりました。

 

強制的にシャットダウンされて、飲み食いできなくなりました。

 

栄養取り過ぎなんですね。

指導者として少し恥ずかしいです。

 

いらっしゃる方が、食べる分にはいいんですが、様々な事情がありますので、でも指導者が食べ過ぎるのは恥ずべきですね。

 

手が鈍りますからね。

 

それでも病むだけましですね。

 

体力があるから小さい病氣になって身体を調整します。

 

体力のない人は大きい病氣になってしまいます。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

熱中症

息子が軽い熱中症になる。 というか、症状を追跡して観ていくと、完全に風邪。 現在の医学的に熱中症という症状が正確にはどう定義されているかは知らない。 興味が余りない。 『傷寒論』という中国の古い本がある。 風邪についての本。 「寒」が身体に入った時にどんな身体の状態になり、どう治療するかの方法が記述されている。 それでその知識を前提にして、できるだけ偏りのない目で息子を観てくと、「熱」が身体に入っ

更年期障害、卵巣、甲状腺

更年期障害は女性ホルモンの低下の為、様々な症状が生じるとされています。 最大要因としては卵巣の機能低下があげられています(家庭職場の環境などによる、心理的ストレスを要因とする不定愁訴は今回は言及しません)。 卵巣でなく甲状腺の異常で更年期障害の様な症状の方もいます。 卵巣は胸椎11番で、甲状腺は頸椎4番で観ます。 ホルモンとは無関係な、自律神経の問題に関しては別の処で観ます。 いずれにしても触れて

アトピー

アトピーの方がいらっしゃっていて、操法する処は当然、皮膚系統の腰椎1番とアレルギー系統の肝臓が中心になるのですが、他にも色々な要素が絡まりあっていまして操法の内実を語るのは難しいです。 身体の中にネットワークがあるんです。 ある処を押さえると、別の処に反応があるんです。 この症状にはこのツボ、というのは素人向けです。 よく観察すると、一般的には全然関係ない処を押さえる必要が出てくるんですね。 ある

Comments


bottom of page