top of page

病院がごった返してるんだって

最近「病院がごった返してる」と知人に聞きました。

 

お子さんが風邪を引いて病院に連れて行ったそうです。

で、やっぱり病院にはいっぱい患者がいるんだって。

 

何で熱がでて咳がでているだけで病院に行くんですかね?

 

例えばそれが一週間続いたら、私も心配しますが…。

それでも私たちは病院に行きませんけどね。

 

そんなにかんたんに薬を飲むべきか、熱を下げるべきか、咳を止めるべきか、よく調べて考えて欲しいのです。

 

私は病院を全否定はしませんが、全肯定している人を観ると、とても不思議な氣持ちになります。

 

常識で言って、薬というのは飲まないに越したことはないはずです。

 

飲む場合でも、出されたものを鵜呑みにして飲むのでなく、どういった経緯でその薬が承認されて、どの程度の効果があるのか位は調べるべきです。

薬には必ず、副作用副反応がありますので。

 

例えば「スティーブンスジョンソン症候群」で検索してみてください。

市販の風邪薬で失明したりすることもあるんです。

製薬会社からのお金の流れも追ってみてください。

 

我々の「愉氣」というのも曖昧なものですが、副作用などありません。

少なくとも害は100%無いのです。

 

とにかく、自分を強くすることに焦点を合わせて生きていきましょう。

腹を決めると人生の様々な側面において良いことがあります。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

薬を飲みたいのではなく「大丈夫ですよ」と言って欲しい

どうやら皆さま「大丈夫ですよ」って言って欲しいようです。 どのような状態。 どのような症状であっても。 病院に行くのも薬を飲むのも、それは切っ掛けというか導入というか、やっぱり「大丈夫だよっ!」の一言が欲しいのです。 弱っている人間は。 整体でやりたいことは、言葉以前のところで、身体に「大丈夫!」を感じさせたいんです。 身体を「大丈夫」の身体にしたいんです。 氣軽に言葉にしたくないんです。 身体に

猫族の人間

猫に近い人間がいる。 悪い意味でないですよ。 日々操法をしていて様々な方のお身体に触れていますと、これはしんどいだろうな、という方がいます。 人間界で生きるには。 毎日操法をしているんですが、その量が一定数を超えると「人間」の概念が更新されます。 「人間」というものはこういうものだ、と義務教育などで習ってきたわけですが、どうも実際は違うようです。 実際に指で触れて、毎日お身体を観させて頂いているの

ピンチをチャンスに変えよう

病氣でもなんでも。 言うは易し、というやつなんですが、それでも変えないと生きていけないのです。 色々辛い厳しい状況もあるかと思いますが、乗り越えたらより強くなります。 道場では毎日氣合いをかけて結界を張っています。 私は何時でも小春日和のなかにいます。 氣を充実させて、IQを上げるのです。

Comments


bottom of page