top of page

病氣治しではなく、身体を強くする

今日あらためて氣づいたんです。

 

私は、病氣を治したいのではなくて、来た方の身体を強くしたいのだと。

 

師匠によく言われていたんです「悪い処を観ない、良い処を観る」と。

 

最近操法をしていてもつくづく感じるんです。

 

悪い処を観てもしょうがないんです。

 

消えないんですよ。

悪は。

 

何をしても消えません。

 

どこか別の処に逃げるだけなんです。

 

消滅しないんです。

 

だから良い処を観て、そこに集注するんです。

 

それが愉氣の本質で、操法の本質なんですよ。

 

本質的な身体の変化はそこで起きるんです。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

胸椎3番の突出

ここが突出していると、呼吸器が疲れている状態。 体癖と言いますが、還元すると、一個一個の動きなんですね。 もう一段還元すると、氣の動きになるのです。 氣の動きが背骨に反映されるんです。 氣が先。 しかし氣にも類型があるわけです。 この端的な事実を形而上の氣が、形而下の身体に影響を与えている、と言っていいのか分かりません。 この辺を詰めていくと、形而上学の話になってきます。 それはともかく、自分には

農家の方の身体

無農薬の野菜を作っている方がいらっしゃいました。 あらゆる他人に興味のある私ですが、土と常時接続されていて、季節と野菜とお金の流れを全身で捌いている方の身体には一度は触れてみたかったわけです。 私自身は江東区の団地の鍵っ子でしたので、子供時代は自然とは全く無縁にすごしましたが、父方は百姓の家系でしたので、70年くらい前の百姓がどれだけ大変な生活をしていたかは知識としては知っています。 お身体を観ま

19才

19才の青年がいらっしゃった。 悩んでますね~。 あの頃は私も悩んでいたんでしょうか? 自分が19才の頃の事なんてもうほぼ完全に忘れてしまいました。 聞かなかったのですが、青年と私の年の差は29才ということは、彼のお父さんより私のが年上かも。 信じられないですね。 入って来るなり、彼は単刀直入に私のことを「ぼったくりじゃないのか?というかフェイクじゃないのか?」というように言いました。 若い人は面

Comments


bottom of page