top of page

猫族の人間

猫に近い人間がいる。

 

悪い意味でないですよ。

 

日々操法をしていて様々な方のお身体に触れていますと、これはしんどいだろうな、という方がいます。

人間界で生きるには。

 

毎日操法をしているんですが、その量が一定数を超えると「人間」の概念が更新されます。

 

「人間」というものはこういうものだ、と義務教育などで習ってきたわけですが、どうも実際は違うようです。

 

実際に指で触れて、毎日お身体を観させて頂いているのですが、人により全然違います。

 

上手く言えないのですが、違うんです。

 

皆さま心臓があって、肺があって、胃があって、腸があって、脳もあるんです。

その点では皆同じなんですが、そういったところとは別の部分がまったく違うんです。

 

皆さま個性的です。

一人の例外もありません。

 

野口先生はこういったことを、「体癖」として類型化されました。

たんへんな偉業であると思っています。

 

そして「体癖」を考案する前には、キリン型とかなんとか、動物の名前を付けていたそうです。

以前は、「そうか~」という程度で受け取っていたのですが、なんというか、最近私は先祖返りというかなんというか、人間が動物に見える時があります。

 

具体的に言うと、先日猫に見える方がいました。

「体癖」を観て操法したりもするので、基本的にそういった観点から身体を観るのですが、なんかどうしても猫っぽいんですね、その方(笑)。

 

悪い意味ではないんですよ。

勘が鋭いっていうんですかね。

 

でもそれだけではないんですよ。

 

こういうことを、たんなる印象と捉えたり、前世が猫だとか、なんとかかんとかありますが、あんまりそういうことを言いたくないんですね。

そういう風には思ってないんです。

 

難しく考えたりしたくなくて、ただその方に猫を感じたんですね。

その自分の感覚を大切にしたいんです。

 

それだけのことかもしれないし、そこからまた、体癖とかの類型に結びついた人間理解が深まるのかもしれないし。

 

分からないんですけど、私の「人間」理解が拡張されたのは間違いありません。

 

とはいえそれだけの話なんです。

操法は普通に行うんです。

いつもの人間用の操法です(笑)。

 

でも、猫に操法してるみたいなんです。

不思議だなあっ、という感じです。

 

分かってもらえますかね?

この感じ。

 

氣楽に受け取ってくださいね。

この話(笑)。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

身体って、毎回違って面白い

(以下の文章は妻がインスタグラムに書いたものです。女性ならではの視点でとても良い内容なので皆さまに読んでいただきたく転載いたします。女性の身体は男性とは全く違いますよね。女性はもっとご自身の身体を、男性は異性の身体をもっと知るべきと思います。) 4/24の満月の夜、急に体調が悪化した。喉の痛みと、全身の気怠さ。あっ、この後熱が出るな!と。 普通は『風邪引いた』と、捉えるだろう。 でも、今回私の見立

薬を飲みたいのではなく「大丈夫ですよ」と言って欲しい

どうやら皆さま「大丈夫ですよ」って言って欲しいようです。 どのような状態。 どのような症状であっても。 病院に行くのも薬を飲むのも、それは切っ掛けというか導入というか、やっぱり「大丈夫だよっ!」の一言が欲しいのです。 弱っている人間は。 整体でやりたいことは、言葉以前のところで、身体に「大丈夫!」を感じさせたいんです。 身体を「大丈夫」の身体にしたいんです。 氣軽に言葉にしたくないんです。 身体に

病院がごった返してるんだって

最近「病院がごった返してる」と知人に聞きました。 お子さんが風邪を引いて病院に連れて行ったそうです。 で、やっぱり病院にはいっぱい患者がいるんだって。 何で熱がでて咳がでているだけで病院に行くんですかね? 例えばそれが一週間続いたら、私も心配しますが…。 それでも私たちは病院に行きませんけどね。 そんなにかんたんに薬を飲むべきか、熱を下げるべきか、咳を止めるべきか、よく調べて考えて欲しいのです。

Comments


bottom of page