top of page

牡牛座の先生

自分はそれなりにですが、占星術を信じていて、参考にしています。

 

師匠は牡牛座なんです。

私は蠍座で。

 

ホロスコープでこの星座は180℃の位置にあって、正面にあるんですね。

 

この場合お互いがターゲットになりやすいんですね。

 

しかも私の牡牛座は12室にあって、しかもインターセプトしてるんですね。

これは簡単に説明すると「神秘化された身体の五感を探求する」という意味合いがあるんですね。

 

牡牛座の師匠について、自分の身体感覚の裡に集注することを始めて学んだ、といえます。

 

たまに趣味で自分のホロスコープなどを眺めて、漠然と自分の将来を占うんですけど、それなりに納得いくんですね。

 

不思議なんですけどね。

 

自分には理解しがたい人、過去にトラブルになった人、惹かれた人、を調べると、牡牛座成分が強い方が多かったです。

 

体癖だと3種の人がそうでした。

 

やはり類型というものは存在していて、その自分に欠けた類型から何かを学ぶ必要があると思うんです。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

更年期障害、中年の危機

中年の危機という問題がある。 ユングは40歳くらいで生じると書いている。 簡単に言うとそれまでの行き方がそのぐらいの年から通じなくなる、ということ。 西洋占星術だと、サターンリターンといって、生まれた時のホロスコープ上にあった土星の位置に、また土星が一周して帰って来ることを言います。 約30年。 ここで、自分にとっての土星の意味が一新されるんですね。 土星の意味は、制限や規律や圧力、乾いていて痩せ

Commentaires


bottom of page