top of page

水を飲みましょう

毎年言っていますが、この時期には真水を飲みましょう。

 

この時期に真水を飲まないと身体に水分が溜まらないのです。

 

この時期に飲んだ水が一年分の身体の水分の保湿になるのです。

 

夏に水をガブガブ飲んでも身体に溜まらないのです。

 

11月辺りまでは鍋もの汁ものでもまだ水分の吸収が出来るのですが、もうこの時期は真水でないと身体に溜まりません。

 

ドンドン乾燥して干からびていきます。

 

いらっしゃる方で、この時期は乾燥して皮膚が痒いとか唇などが乾燥する、とかおっしゃるのですが、そういった問題は真水を飲むことでのみ解決します。

 

涙が止まらない、鼻水が止まらない、というのも粘膜が乾くから、そこを潤そうとして水があふれるのです。

 

でも粘膜が乾いているから保湿できずにタラーッと出るのです。

 

それを私が、何処かを押さえたり、不思議な力を送って治したりは出来ないのです。

 

多少は腎臓系統の調整をして水の巡りをよくすることは出来ますが、根本解決にはなりません。

 

身体の水分不足は、水を飲むことと、風邪を引くことによってのみ調整されます。

 

ちびちびちびちび少しずつ飲みましょう。

 

お風呂で飲んだり、ストーブを背中にして少しづつ飲みましょう。

 

風邪を引いた時もこの時期はとにかく水です。

現代日本人には栄養など十分に足りているのです。

 

摂食して水を飲みましょう。


よろしくお願いいたします。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

健康の定義

私にとっての健康は、「自由にやりたいことやっている」という状態を指します。 やりたいことを思いのままにやっていると、ほとんどの場合で寿命は縮みます。 動物園の動物は、野生の動物と比べると、寿命が2倍から3倍あるとのことです。 野生状態というのは非常なストレスが掛かります。 食べたいものがいつでも食べられるわけでもなく、行きたいところに何時でも行けるわけでもないのです。 次にいつ食べられるか分からな

虫歯とインド人

以前、知り合いのインド人が生まれてから一度も虫歯になったことが無いと言っていた。 曰く「食事の後に毎回、口をゆすいでいたから」とのこと。 実際の現実と本人の脳内のストーリーは大抵食い違うものですが、どうでしょうか? その方は私の観る限り、前後型。5種の方でした。 5種は呼吸器と肝臓に特徴があります。 肝臓と歯は関係が深いのですが、肝臓が頑丈なだけで、虫歯にならないとも思えません。 日本人の成人男性

治療ではなく、身体を強くすることに集注する

治療のために操法にいらっしゃる方もおられるのですが、当塾は、本質的には、自分で自分の身体を健康に育てていく、ということを目標としています。 操法というのは、そのための手助けです。 ご自分の身体のある箇所にその場その時に集注していただく為のものです。 健康な身体作りの為には、ただ受動的に操法を受けるだけでなく、受けている操法に対する知的な理解も必要です。 その為に稽古会や初等講座などを開いております

Comments


bottom of page