top of page

水を飲みましょう

毎年言っていますが、この時期には真水を飲みましょう。

 

この時期に真水を飲まないと身体に水分が溜まらないのです。

 

この時期に飲んだ水が一年分の身体の水分の保湿になるのです。

 

夏に水をガブガブ飲んでも身体に溜まらないのです。

 

11月辺りまでは鍋もの汁ものでもまだ水分の吸収が出来るのですが、もうこの時期は真水でないと身体に溜まりません。

 

ドンドン乾燥して干からびていきます。

 

いらっしゃる方で、この時期は乾燥して皮膚が痒いとか唇などが乾燥する、とかおっしゃるのですが、そういった問題は真水を飲むことでのみ解決します。

 

涙が止まらない、鼻水が止まらない、というのも粘膜が乾くから、そこを潤そうとして水があふれるのです。

 

でも粘膜が乾いているから保湿できずにタラーッと出るのです。

 

それを私が、何処かを押さえたり、不思議な力を送って治したりは出来ないのです。

 

多少は腎臓系統の調整をして水の巡りをよくすることは出来ますが、根本解決にはなりません。

 

身体の水分不足は、水を飲むことと、風邪を引くことによってのみ調整されます。

 

ちびちびちびちび少しずつ飲みましょう。

 

お風呂で飲んだり、ストーブを背中にして少しづつ飲みましょう。

 

風邪を引いた時もこの時期はとにかく水です。

現代日本人には栄養など十分に足りているのです。

 

摂食して水を飲みましょう。


よろしくお願いいたします。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

ニンニクで腸内細菌が

ニンニクを沢山食べると腸内細菌が全部死滅するとのことで、実験として、三欠片を擦ってラーメンに入れて食べてみました。 翌日が予約なく休みでしたので。 それから一週間くらい経ってますが、腸内は特になんともなかったです。 下痢とかも無かったです。 しかし当然ながら、家族には不評で、臭くて気持ち悪いと。 妻には消臭剤をかけられました(ひどい)。 もっと大量に食べないと駄目なんですかね。 私の持論何ですけど

胃痛と自己表現

胃が痛いとのこと。 身体を観るとたしかに胸椎6番に変動がある。 胃が痛い身体というのは手で触って確認すれば簡単に分かるのですが、原因が難しい場合があるんですね。 「食べ過ぎか」と聞いても「そうでもない」と、たしかにそんなに食べ過ぎの身体ではないんですね。 よくわからにままに操法を進めていくと、あるところで「自己表現を止めたから胃が痛くなった」と分かったんですね。 そういうことで胃が痛くなったりする

腎臓、何度でも書きますが水を飲みましょう

単純に水が身体に足りていない。 何度でも書きます。 この季節は真水を飲むことが基本で、それで身体のかなりのことが改善されます。 この季節は難しいことを考えるより、水を飲んでもらって、腎臓にアプローチするのが一番効果的な氣がします。 特別な水でなくてよいです。 普通のミネラルウォーターを常温でちびちび飲むだけです。 ごくごく飲むと、そのままお小水になって出て行ってしまいます。 多くの人は氣付いていな

bottom of page