top of page

朝倉文夫の『墓守』

朝倉文夫の『墓守』という彫刻があるんですが、15年くらい前に、何処かの美術館で観たんですね。

 

その時は別の作家が目当てで、それを見終えた後に時間があったので、常設の展示を観て回っていたんですね。

 

その時に観たのです。

周りには自分以外に人がおらず、薄暗い部屋でじっと相対して観ていたんです。

 

そして、じっと墓守のおじいさんの顔を観ていたら、私の耳の後ろから、人がざわざわ喋る声が聞こえたんです。

 

でも周りには誰もいないんですよ。

 

耳鳴りかな氣のせいかな、と思って、また墓守のおじいさんを観ると、やっぱり、耳の後ろから人の話している声が聴こえるんです。

 

私は怖くなってその部屋を出ました。

 

何か吸い込まれるような感じで。

 

それだけの話なんですけど、これはオカルト的な心霊現象というよりは、朝倉文夫が墓守のおじいさんを取り巻いていた何らかの磁場=地場というかを含めた形象を彫刻していたのではないかと思うんです。

 

鑑賞者が彫刻に感応した時に、こちらの身体に墓守のおじいさんを取り巻いていた感覚が再現されたのではないでしょうか。

 

絵画ではこういう経験はありません。

 

彫刻はやっぱり念がこもりやすい氣がします。

 

彫刻は目だけを使うのではないのですね。

 

鑑賞者に対して、作家は騙す位置にいる、という観方もありますが、この場合は騙しているというより、たんに形の無いものに形を与えたのです。

 

無形の永続しないものに、有限ですが形を与えたのです。

 

ちなみに私はモダニズムって嘘だと思ってます。

 

とくに年代の作家の作ったものは、現代人には理解しがたい念がこめられているのを素直に感じます。

 

またこういったことを私は心霊現象や心理現象と捉えたくありません。

 

たんなる身体現象として感覚した、と考えます。

 

整体指導者となっていらっしゃる不特定の方々の身体に触れて観ている現在、こういった重要な経験をよく思い出すんです。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

農家の方の身体

無農薬の野菜を作っている方がいらっしゃいました。 あらゆる他人に興味のある私ですが、土と常時接続されていて、季節と野菜とお金の流れを全身で捌いている方の身体には一度は触れてみたかったわけです。 私自身は江東区の団地の鍵っ子でしたので、子供時代は自然とは全く無縁にすごしましたが、父方は百姓の家系でしたので、70年くらい前の百姓がどれだけ大変な生活をしていたかは知識としては知っています。 お身体を観ま

手が

よく操法をした後に、手が柔らかいとか、手が熱いとか、言われます。 ここは自分では意識できない処なんです。 当然なんですが、接触する面には意識が二つあるんですね。 触れる人と触れられる人の二つの意識です。 この二つの意識に落差があればあるほど、お互いに別のことを感覚しています。 実際に整体指導というものには、この落差が必要であるし、またなければ成立しませんし、指導自体が無用のものになります。 面、と

ダンス

ダンスを仕事にされている方々が私の周辺にいらっしゃいます。 ダンスなんて私には縁遠い職業です。 ですが、整体の醍醐味は、自分には興味のない物事を身につけて、日々を送っている方々のお身体に触れることで、その自分と無関係であった対象に対する認識を新たに出来ることにあります。 今日もダンスを仕事にしている方のお身体を拝見する機会に恵まれたのです。 詳細は省きますが、その方が身体を壊してまでも、ダンスに情

Comments


bottom of page