top of page

更年期障害、卵巣、甲状腺

更年期障害は女性ホルモンの低下の為、様々な症状が生じるとされています。

 

最大要因としては卵巣の機能低下があげられています(家庭職場の環境などによる、心理的ストレスを要因とする不定愁訴は今回は言及しません)。

 

卵巣でなく甲状腺の異常で更年期障害の様な症状の方もいます。

 

卵巣は胸椎11番で、甲状腺は頸椎4番で観ます。

 

ホルモンとは無関係な、自律神経の問題に関しては別の処で観ます。

 

いずれにしても触れて判断します。

 

この辺りは結構簡単に分かります。

 

最近の医者はほとんど触診しません。

触っても分からないでしょう。

メソッドが無いからです。

計器の数値とパソコンしか見ない。

 

それでいい人はそれでいいんです。

 

それはそれとして、更年期障害で難しいのは、外側から何かウイルスが入ってきたのが原因の病でなくて、裡側の臓器の機能低下が原因の障害だからなんですね。

 

筋トレとかしても回復しないんです。

原因は不随意の臓器にあるからなんですね。

 

意志の力ではどうにもならない。

 

こういったものに関しては薬や手術では対処療法にしかならないわけですね。

そして薬や手術は副作用が必ずあります。

 

では整体で出来ることは何かというと、やはり、川の流れに石を置いて流れを変えて、川の形を変えていくみたいなやり方を取るんですね。

 

働き過ぎを抑えたり、機能低下の機能を上げたり、全体を観て、老いを受け入れられるように身体の行き方を変えていくんです。

 

対処療法は対処療法なんですが、私は一番正しいやり方と思っています。

 

沈む夕日を止めることは誰にも出来ないんです。

ただ苦痛を少なくして見守るんです。

 

更年期障害は、若い頃の思想を変えないと乗り越えられません。

 

私も四十代後半ですが、もう我々は若者ではないんですよ(笑)。

 

更年期障害は、むしろ考えや行動の方針を変えるチャンスととらえて欲しいです。

 

これから益々、老いて、強く、逞しく生きるのです!

0件のコメント

最新記事

すべて表示

腰痛

腰痛になってしまって。 調べると、腰椎1番の右二側が中心。 単純に操法中の身体の使い方が下手なんですね。 頑張ればいいってものじゃないんです。 7種体癖なのでつい頑張ってしまって、身体を捩じって使ってしまうんです。 情けないことです。 そしてこの痛めた処は肝臓の急所でもあって、どうも肝臓も腫れてるようで、怒りっぽくなっていて、反省しています。 身体と心の使い方を改めろ、との天の声と捉えています。

手足口病

子供が少し前に手足口病に罹ったんです。 対処自体は胸椎7番に愉氣をします。 すると、氣の反応が手と足と口に行きます。 それらにひたすら愉氣するだけです。 もともと健康体の子供ならそれだけで十分です。 薬などいりません。 2、3日で経過しました。 幼児園のお友達も感染したのですが、その子は病の経過後は一語しか喋れなかったところが、二語文になったとのことでした。 多くは子供が掛かる病氣なので、何か子供

生理痛

困っている方が多いです。 骨盤の開閉が何らかの理由でスムースにいかないために生じます。 妻も昔は重度の生理痛だったのですが、今ではかなり良くなりました。 生理痛を止める操法などもあり、その効果もあるのでしょうが、一番大きい理由は出産です。 出産時には限界まで骨盤が開くからです。 経産婦の骨盤は触ると分かります。 コロナ禍の時は、まったく意味無く、自然分娩は危険だということで帝王切開をしていました。

Comments


bottom of page