top of page

整体操法中に寝てしまう人

操法中というのは受けている人を寝かしてはいけないんですけど、人によってはやっぱり寝てしまうんですよね。

寝かさないように色々手を尽くしているんですけど。


昔師匠に「前提として触れた手で身体が弛まないと操法にならない」というようなことを言われました。

つまり、私が触って緊張するよりは眠くなる方が「手ができている」ということなわけなんです。

その点は良いのですが、やっぱり寝られると半減してしまうんです。


起きている時に中腰で押圧すると、押さえているその一点に受けている方も集注するんですね。

それでこそ変化するんです。

集注密度が違うんです。

寝てる人に対する操法は一方通行になってしまうんです(実際にはそれはそれで使いようがあるんですが)。


しかし、背骨を観れば寝るだけの理由があるんですね。

起こすのもどうかと思う時もあるんです。

神経がお疲れなんです。

野口晴哉先生は「押しつけの操法はいけない」とおっしゃってます。

こちらがその日その時に設計した操法の手順に従って欲しい、という気持ちもあるんですが、まあ寝たら寝たです。


最近は悠然と構えています。

寝ている人に対して、どう技を効かせていくか、などあれこれ考えるのも楽しいものです。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

髪を染める

髪を染めたら、何か身体がおかしくなった、という方がいます。 髪を染める液体に何か入っているのでしょうね。 多くの人には何も起きなくても、敏感な人には何かが起きます。 そういうことはよくあります。 多くの会社は人体への影響や害を詳細に分析して、避けて、商品化などしません。 残念ながら。 省庁が決めたレギュレーションに従って商品開発しているのでしょうが、そんな規制や禁則などはどうせいい加減なものです。

腹部第四調律点

腹部第四調律点という処が硬いと感情が鬱滞しているとされます。 本質的なことを言うと、泣かないとお腹は弛みません。 でも大人はかんたんには泣けません(3種の人はわりかしかんたんに泣きます。だから腹部第四が硬くなり難い)。 そこで、大人のお腹を弛めるにはどうしたらいいか? ということなんですね。 先日友人と稽古していたんです。 腕を使ってお腹を弛める稽古です。 腕のある特定の処を押さえるとお腹が弛むん

あなたの未来が見える

いらっしゃる方の身体を観ていて、その方の未来が視える時があります。 私は予言者ではありませんので、確定した未来が視えるのではないです。 私に視えるのは、その人が感じている、思い描いている未来です。 漠然としたものなのですが。 空想している未来であったり、固定観念から生じている未来だったりします。 もちろん、過去も視える時があります。 でも、漠然としたものですよ。 自分が思い描く未来になる、というの

Comments


bottom of page