top of page

整体操法中に寝てしまう人

操法中というのは受けている人を寝かしてはいけないんですけど、人によってはやっぱり寝てしまうんですよね。

寝かさないように色々手を尽くしているんですけど。


昔師匠に「前提として触れた手で身体が弛まないと操法にならない」というようなことを言われました。

つまり、私が触って緊張するよりは眠くなる方が「手ができている」ということなわけなんです。

その点は良いのですが、やっぱり寝られると半減してしまうんです。


起きている時に中腰で押圧すると、押さえているその一点に受けている方も集注するんですね。

それでこそ変化するんです。

集注密度が違うんです。

寝てる人に対する操法は一方通行になってしまうんです(実際にはそれはそれで使いようがあるんですが)。


しかし、背骨を観れば寝るだけの理由があるんですね。

起こすのもどうかと思う時もあるんです。

神経がお疲れなんです。

野口晴哉先生は「押しつけの操法はいけない」とおっしゃってます。

こちらがその日その時に設計した操法の手順に従って欲しい、という気持ちもあるんですが、まあ寝たら寝たです。


最近は悠然と構えています。

寝ている人に対して、どう技を効かせていくか、などあれこれ考えるのも楽しいものです。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

捩れ体癖(?)

1種と4種の入っている方でした。 この場合は基本的に重心が前と右にあるわけです。 体癖は普通三つ入っているとされているのですが、そこにもう一つの三つ目の体癖との兼ね合いで、重心が外にも開いていくんです。 こうなると力学上運動しますと、身体は捩じれるんですね。 しかも上下型が入ってますから、上の方で捩れるんです。 こういう方を捩じれ体癖とは言わないのですが、捩れ体癖と同じように身体上のある箇所に捩れ

耳鳴り

耳鳴りでお悩みの方がいらっしゃいました。 耳鳴りは難しいのです。 整体では耳鳴りは基本的に股関節の狂いに発していると観ます。 あと腎臓、泌尿器系等ですね。 この辺りを調整していくわけなんですけど、調整する処は耳自体ではないんですね。 身体全体のバランス。 姿勢や血行やリンパの流れを変えることによって、それらの焦点が耳に向かうように持っていくんです。 社交ダンスの先生をされている方でしたので、股関節

キャンセル

予約のキャンセルされる方がいるのですが、私はぜんぜん氣にしません。 キャンセル料も取りません。 人間はそういうものなんです。 私は人間同士は無意識下で皆繋がっていると思っています。 いままで50年近く生きてきて不思議な経験を何度もしました。 縁が切れたり、繋がったりは、その時の意識では理解できないような理由があります。 後から振り返った時にだけ分かるのです。 だから出来るだけ、長生きすべきです。

bottom of page