top of page

整体操法時の身体の使い方

覚書。


操法時、拇指は使わない。

氣を拇指に集注する。

使っているのは氣。


瞬間を繋ぐ。

切らない。

終わる前に始める。

始めた瞬間に終わらせる。


力が入ると、切れる。

反射的に反抗されるので、そおっと押さえる。

抵抗できない、抵抗されない、力の範囲は狭い。

その範囲で動く。


息を切らない。


殺すつもりでないなら、他人の身体は自分の身体である。


吸っていい吐いていい状況にもっていく。


普通の人は息を、社会に管理されている。

社会の息を破る。

もう一つ吐かせる。

するともう一つ吸う。


もっと吐けるもっと吸えることを身体に教える。


「人を跨ぐ」ことは日本社会では非常識。

だから術者も被術者も変性意識に入る。

背骨から無意識の領域に触れられる。


背後から内部表現が書き換えられる。




0件のコメント

最新記事

すべて表示

捩れ体癖(?)

1種と4種の入っている方でした。 この場合は基本的に重心が前と右にあるわけです。 体癖は普通三つ入っているとされているのですが、そこにもう一つの三つ目の体癖との兼ね合いで、重心が外にも開いていくんです。 こうなると力学上運動しますと、身体は捩じれるんですね。 しかも上下型が入ってますから、上の方で捩れるんです。 こういう方を捩じれ体癖とは言わないのですが、捩れ体癖と同じように身体上のある箇所に捩れ

耳鳴り

耳鳴りでお悩みの方がいらっしゃいました。 耳鳴りは難しいのです。 整体では耳鳴りは基本的に股関節の狂いに発していると観ます。 あと腎臓、泌尿器系等ですね。 この辺りを調整していくわけなんですけど、調整する処は耳自体ではないんですね。 身体全体のバランス。 姿勢や血行やリンパの流れを変えることによって、それらの焦点が耳に向かうように持っていくんです。 社交ダンスの先生をされている方でしたので、股関節

キャンセル

予約のキャンセルされる方がいるのですが、私はぜんぜん氣にしません。 キャンセル料も取りません。 人間はそういうものなんです。 私は人間同士は無意識下で皆繋がっていると思っています。 いままで50年近く生きてきて不思議な経験を何度もしました。 縁が切れたり、繋がったりは、その時の意識では理解できないような理由があります。 後から振り返った時にだけ分かるのです。 だから出来るだけ、長生きすべきです。

bottom of page