top of page

扁桃腺を取ったところ

更新日:2023年12月6日

扁桃腺を若い頃に取ってしまった方。


それ以来、風邪を引くと喉の奥が爛れるとのこと。

見せて頂くと、扁桃腺が腫れる代わりに喉の以前あった扁桃腺の周囲の辺りが真っ赤になって腫れて爛れている。


何の為に取ったのか、と考えてしまいます。

ご本人も後悔されていました。


結局のところ今も喉が腫れているわけで、喉は喉なんでしょうね。

なんでも細かく、細分化してわかった氣になるよりも、喉のことは喉、と大雑把に捉えて、対処していく心構えを学びました。


因みに喉の腫れは基本的には腎臓の問題です。

この方には腎臓を休ませる方向の操法をしていきました。

喉が腫れるのも食を細くする為に、身体内の自然の秩序が正常に働いているわけで、食を控えめにしていれば収まります。


(付記)

この風邪を経過した後、この方が20年間悩んでいた仙椎の痛みが取れたと報告されました。

観たところ、腰が変わっていました。

8種体癖の方の捩じれ風邪だったので、喉と股関節を通して腰を変えたのでしょうね。

あらためて、病気は自分で治すものだと実感いたしました。

自分で治したものは圧倒的に保ちます。


整体操法はこの身体の自然治癒力を活発にするものです。

操法は病気を治すための技術ではなく、潜在している力を呼び起こし、身体を自ずと強くするためのものであると、再確認しました。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

捩れ体癖(?)

1種と4種の入っている方でした。 この場合は基本的に重心が前と右にあるわけです。 体癖は普通三つ入っているとされているのですが、そこにもう一つの三つ目の体癖との兼ね合いで、重心が外にも開いていくんです。 こうなると力学上運動しますと、身体は捩じれるんですね。 しかも上下型が入ってますから、上の方で捩れるんです。 こういう方を捩じれ体癖とは言わないのですが、捩れ体癖と同じように身体上のある箇所に捩れ

耳鳴り

耳鳴りでお悩みの方がいらっしゃいました。 耳鳴りは難しいのです。 整体では耳鳴りは基本的に股関節の狂いに発していると観ます。 あと腎臓、泌尿器系等ですね。 この辺りを調整していくわけなんですけど、調整する処は耳自体ではないんですね。 身体全体のバランス。 姿勢や血行やリンパの流れを変えることによって、それらの焦点が耳に向かうように持っていくんです。 社交ダンスの先生をされている方でしたので、股関節

キャンセル

予約のキャンセルされる方がいるのですが、私はぜんぜん氣にしません。 キャンセル料も取りません。 人間はそういうものなんです。 私は人間同士は無意識下で皆繋がっていると思っています。 いままで50年近く生きてきて不思議な経験を何度もしました。 縁が切れたり、繋がったりは、その時の意識では理解できないような理由があります。 後から振り返った時にだけ分かるのです。 だから出来るだけ、長生きすべきです。

bottom of page