top of page

扁桃腺を取ったところ

更新日:2023年12月6日

扁桃腺を若い頃に取ってしまった方。


それ以来、風邪を引くと喉の奥が爛れるとのこと。

見せて頂くと、扁桃腺が腫れる代わりに喉の以前あった扁桃腺の周囲の辺りが真っ赤になって腫れて爛れている。


何の為に取ったのか、と考えてしまいます。

ご本人も後悔されていました。


結局のところ今も喉が腫れているわけで、喉は喉なんでしょうね。

なんでも細かく、細分化してわかった氣になるよりも、喉のことは喉、と大雑把に捉えて、対処していく心構えを学びました。


因みに喉の腫れは基本的には腎臓の問題です。

この方には腎臓を休ませる方向の操法をしていきました。

喉が腫れるのも食を細くする為に、身体内の自然の秩序が正常に働いているわけで、食を控えめにしていれば収まります。


(付記)

この風邪を経過した後、この方が20年間悩んでいた仙椎の痛みが取れたと報告されました。

観たところ、腰が変わっていました。

8種体癖の方の捩じれ風邪だったので、喉と股関節を通して腰を変えたのでしょうね。

あらためて、病気は自分で治すものだと実感いたしました。

自分で治したものは圧倒的に保ちます。


整体操法はこの身体の自然治癒力を活発にするものです。

操法は病気を治すための技術ではなく、潜在している力を呼び起こし、身体を自ずと強くするためのものであると、再確認しました。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

健康の定義

私にとっての健康は、「自由にやりたいことやっている」という状態を指します。 やりたいことを思いのままにやっていると、ほとんどの場合で寿命は縮みます。 動物園の動物は、野生の動物と比べると、寿命が2倍から3倍あるとのことです。 野生状態というのは非常なストレスが掛かります。 食べたいものがいつでも食べられるわけでもなく、行きたいところに何時でも行けるわけでもないのです。 次にいつ食べられるか分からな

5月の初等講座のお知らせ

岡島瑞徳先生の初等講座の講義録を参照させていただきながら、稽古会を行っています。 平成14年の講義録を参照させていただいて稽古をします。 この講座は全12回1年にわたり整体に於ける基礎的な考え方、処や型などについて岡島先生が講義なさっております。 第五回の講義の主題は「・整体をやるにあたっての心構え・脊椎操法三側・救急操法」になります。 私自身が岡島先生の整体に対する理解を深めるために初心で稽古し

10種の方の茫洋とした感じ

開型。 10種の方は、なんだかぼんやり、茫洋としている、と言われています。 先日操法にいらした方が、どうにも曖昧で体癖がわからなかったんですが、操法を終えた後に、少し話をしていましたら、一向に帰らないんですね(笑)。 いつお帰りになるのかな~、っと思っていたんですけど、ご本人が「私はなかなか帰らないんです」と訥々とおっしゃるので、爆笑してしまって、ああこの方は10種なんだ、とわかったんですね。 野

コメント


bottom of page