top of page

感じられないと思うから感じない

整体の稽古をしていて思うのですが、感じられないと思っているから、感じられないんです。

 

常識を捨てるというか、洗脳を解くんですよ。

 

「現実」の外に出るんです。

 

自分が思う通りの現実が目の前にあるんです。

 

人の触れ方って義務教育で教わってないんです。

 

現代日本人はどう触れたらいいか分からないんです。

 

だからつまり、着手した瞬間に、どんなことでも起きうるんです。

 

主観的感覚の話です。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

身体って、毎回違って面白い

(以下の文章は妻がインスタグラムに書いたものです。女性ならではの視点でとても良い内容なので皆さまに読んでいただきたく転載いたします。女性の身体は男性とは全く違いますよね。女性はもっとご自身の身体を、男性は異性の身体をもっと知るべきと思います。) 4/24の満月の夜、急に体調が悪化した。喉の痛みと、全身の気怠さ。あっ、この後熱が出るな!と。 普通は『風邪引いた』と、捉えるだろう。 でも、今回私の見立

治療ではなく、身体を強くすることに集注する

治療のために操法にいらっしゃる方もおられるのですが、当塾は、本質的には、自分で自分の身体を健康に育てていく、ということを目標としています。 操法というのは、そのための手助けです。 ご自分の身体のある箇所にその場その時に集注していただく為のものです。 健康な身体作りの為には、ただ受動的に操法を受けるだけでなく、受けている操法に対する知的な理解も必要です。 その為に稽古会や初等講座などを開いております

猫族の人間

猫に近い人間がいる。 悪い意味でないですよ。 日々操法をしていて様々な方のお身体に触れていますと、これはしんどいだろうな、という方がいます。 人間界で生きるには。 毎日操法をしているんですが、その量が一定数を超えると「人間」の概念が更新されます。 「人間」というものはこういうものだ、と義務教育などで習ってきたわけですが、どうも実際は違うようです。 実際に指で触れて、毎日お身体を観させて頂いているの

Comments


bottom of page