top of page

左の肩甲骨

恥ずかしながら、肩甲骨と胸椎の間の筋肉を痛めてしまった。

 

3月ともなると左骨盤が開いて、重心が左に動きます。

 

開ききらないと、小指に重心が残って、心臓や肛門に負担が行くわけなんです。

 

人によってはそこから、盗癖や自殺願望などに心理が発展していってしまいます。

 

春にはスパッと身体を開ききることが重要なんですね。

 

ですので、この時期の操法も、すんなり骨盤が開いていくように調整していきます。

 

人にはそんな感じで偉そうに操法しているのですが、指導者の自分の身体が春に開ききらないというのは格好悪いですね~。

 

骨盤は良いのですが、どうも肩甲骨の処で引っかかっていて、胸椎5番と4番で捩じってしまったみたいなんですね。

 

冬から春にかけて、後頭骨、肩甲骨、骨盤と、上から順々に身体が開いていくんです。

 

自分は左の肩甲骨の動きが昔から悪くて、注意していたのですが、やってしまいました。

 

寝違えの様な感じなので2、3日で経過しましたが、指導者として恥ずかしい限りです。

 

この季節は三寒四温で身体が開いたと思ったら、急激に寒くなったりしますので、様々な面で体調を崩しやすい季節でもあります。

 

身体を開きつつも、「首」と呼ばれる処を冷やさないように保護されると良いです。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

熱中症

息子が軽い熱中症になる。 というか、症状を追跡して観ていくと、完全に風邪。 現在の医学的に熱中症という症状が正確にはどう定義されているかは知らない。 興味が余りない。 『傷寒論』という中国の古い本がある。 風邪についての本。 「寒」が身体に入った時にどんな身体の状態になり、どう治療するかの方法が記述されている。 それでその知識を前提にして、できるだけ偏りのない目で息子を観てくと、「熱」が身体に入っ

春の腰痛

腰痛の方が多く、この季節ということを考慮して、色々考えていました。 まず春先に肝臓の機能が高まると、冬の間の栄養分を皮膚に発疹という形で排泄されることがあります。 冬の間の食べ過ぎで肝臓に負担が掛かり、胸椎9番が硬直して、暖かくなってきて、右骨盤が開き、右の坐骨が下がります。 通常はここで皮膚の変動が生じますので、発汗を促してその辺りの処理をすればよいのですが、この辺から腰痛になる方がいます。 こ

Comments


bottom of page