top of page

小さい音、小さい動き

小さい音で演奏される、若しくは意図して小さい音で録音されている音楽があります。

 

好事家はそういったサウンドを「物音系」などと称します。

 

まあ私もそういった音楽は好きなわけです。

 

ゴソゴソ物音が鳴っているだけだったりするんですが、物質や音塊そのものに集注するという行為が愉しいんですよ。

 

それで私は戯れに音楽や音を頭の中で再生することがあるんですけど、ある人を操法中に、ふと頭の中でその物音で構成された楽曲を再生したんです。

 

その瞬間、操法の理解が大きく深まったんです。

 

大きく動いたら駄目なんですよ。

小さく動くんです。

 

意図したり、理論で動いたら駄目なんですよ。

 

石と石を擦り合わせて小さな音を出すような集注が最善なんです。

 

この場合、この二つの石は、被施術者と施術者なんですが、この二人を接触させて擦っているのは、人間でなく天然なんです。

 

芸術だけが、我々をこういった意識状態に導いてくれるんです。

 

こういった時にだけ、良い意味で病を忘れられるんです。

 

病を忘れない限り、病は消えません。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

腹部第四調律点

腹部第四調律点という処が硬いと感情が鬱滞しているとされます。 本質的なことを言うと、泣かないとお腹は弛みません。 でも大人はかんたんには泣けません(3種の人はわりかしかんたんに泣きます。だから腹部第四が硬くなり難い)。 そこで、大人のお腹を弛めるにはどうしたらいいか? ということなんですね。 先日友人と稽古していたんです。 腕を使ってお腹を弛める稽古です。 腕のある特定の処を押さえるとお腹が弛むん

小腸の操法

小腸に働きかける操法というものがあります。 基本的に静脈の戻りを良くするための操法であると教わりました。 不思議なことに静脈は小腸なんですね。 それで、湿気の多く浮腫みやすいこの季節にたまに使います。 胸椎9番という骨は肝臓の骨なのですが、この骨が特定の状態にあると、むしろ小腸に変動があると捉えるのです。 それで9番から10番11番と連続して押さえていく操法なのですが、この間、小腸には特に問題が無

中毒と火傷

長年に渡る中毒状態の方(野口整体でいう「中毒の身体」ですので、医学的一般的には「中毒」とは看做さないと思います)がいて、定期的に身体を観ているのですが、少し身体の方向が変わってきたかなあ、と感じてきたところで「火傷をしました」との報告。 火傷をした処が、右足の二三指間。 ここは中毒とか肝臓の急所なんですね。 お湯をこぼしてしまったとのことで、綺麗に、その急所に水ぶくれが出来ているんです。 自分で無

留言


bottom of page