top of page

夫婦で同じ身体

夫婦でいらっしゃる方で同じような身体になっている方がいます。

 

何故なのでしょうか?

 

操法を進めていったら、同じ中毒操法になり、左右型の操法になるんです。

 

結婚して50年位生活を共にしておられるからでしょうか?

それにしても同じなんですね。

 

体癖は違うんです。

似通ったところはあっても。

 

夫婦でお互いに身体に乗りあっているんですね。

お互いがお互いの中に入り込んでいるんです。

 

仲がいいことは確かです。

 

「添い遂げる」なんて言葉がありますが、指導者としても、終いまで見届けたくなるんです。

 

どういう経過を辿ってどういう終わりを迎えるのか。

 

面白がっていいことなのか分からないですが、無理やり病氣を見つけて、体中を切り刻むよりは、まともな感覚ではないかと思います。

 

一度、手を当てると、最後の瞬間まで手を当てたいと思うものなんです。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

農家の方の身体

無農薬の野菜を作っている方がいらっしゃいました。 あらゆる他人に興味のある私ですが、土と常時接続されていて、季節と野菜とお金の流れを全身で捌いている方の身体には一度は触れてみたかったわけです。 私自身は江東区の団地の鍵っ子でしたので、子供時代は自然とは全く無縁にすごしましたが、父方は百姓の家系でしたので、70年くらい前の百姓がどれだけ大変な生活をしていたかは知識としては知っています。 お身体を観ま

手が

よく操法をした後に、手が柔らかいとか、手が熱いとか、言われます。 ここは自分では意識できない処なんです。 当然なんですが、接触する面には意識が二つあるんですね。 触れる人と触れられる人の二つの意識です。 この二つの意識に落差があればあるほど、お互いに別のことを感覚しています。 実際に整体指導というものには、この落差が必要であるし、またなければ成立しませんし、指導自体が無用のものになります。 面、と

ダンス

ダンスを仕事にされている方々が私の周辺にいらっしゃいます。 ダンスなんて私には縁遠い職業です。 ですが、整体の醍醐味は、自分には興味のない物事を身につけて、日々を送っている方々のお身体に触れることで、その自分と無関係であった対象に対する認識を新たに出来ることにあります。 今日もダンスを仕事にしている方のお身体を拝見する機会に恵まれたのです。 詳細は省きますが、その方が身体を壊してまでも、ダンスに情

Comments


bottom of page