top of page

吐瀉で邪氣の吐出

幼稚園のパパ会(実態はただの飲み会)なるものが爆誕いたしまして、お誘戴いて飲みに行ったわけです。

皆様おっしゃていたのが、幼稚園の集まりであるという口実ですと(ただ飲みに行くということであっても)、わりと奥さんが好意的に送り出してくれる、とのことでした。


それはそれとして、かなり飲み過ぎてしまいまして、店のトイレで吐いてしまったんですけども、吐いた瞬間から身体が軽くなったんです。

その時は本当に不思議だったんですけども、翌日の朝もかなり爽快な氣分でして、なんでだろうなあ、と思って考えていたんですけど、ある時これは邪氣の吐出だ、と氣づいたんです。


活元運動の準備として、鳩尾を押さえて口から邪氣を吐くのですが、期せずしてというか、飲みすぎで吐いた時に、邪氣も同時に出ていったわけです。


内観すると、胸椎6番と8番が弛んでるんです。

これは何方も胃であって、感情や鳩尾の固さでもあるんです。

ここが弛んで、同時に9番と10番という肝臓と腎臓の処は少し疲れてるんです。


野口整体では腹部第一という処になりますが、とにかく鳩尾が弛みました。


なるほどと思いまして、現在の科学ではアルコールは、ワイン一杯であろうが毒でしかなく細胞を破壊する神経毒に過ぎないとされています。

意識の高い方々はだんだんと、煙草同様に飲酒を控えてきています。


私もそこに習いつつあったのですが、今回のことで認識が改まりました。

毒もやはり使いようで薬になります。


結局のところ身体が敏感であるなら、何でも薬になり、何も考えずとも自ずと健康になります。

吐くまで飲むことで身体が健康になるという視点は野口整体にしかないものであると思いますが、思い込みや常識を捨てますと、視野が広がり、生活に厚みが出てきます。


飲んで吐いた私が、飲酒以前よりも健康になったのは事実です。


とはいえ、さすがに他人には「飲酒健康法」は勧めません。

あくまでこういった例もありますよ、ということで皆さまの健康観を押し広げ

る一助になればと、お伝えしました。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

捩れ体癖(?)

1種と4種の入っている方でした。 この場合は基本的に重心が前と右にあるわけです。 体癖は普通三つ入っているとされているのですが、そこにもう一つの三つ目の体癖との兼ね合いで、重心が外にも開いていくんです。 こうなると力学上運動しますと、身体は捩じれるんですね。 しかも上下型が入ってますから、上の方で捩れるんです。 こういう方を捩じれ体癖とは言わないのですが、捩れ体癖と同じように身体上のある箇所に捩れ

耳鳴り

耳鳴りでお悩みの方がいらっしゃいました。 耳鳴りは難しいのです。 整体では耳鳴りは基本的に股関節の狂いに発していると観ます。 あと腎臓、泌尿器系等ですね。 この辺りを調整していくわけなんですけど、調整する処は耳自体ではないんですね。 身体全体のバランス。 姿勢や血行やリンパの流れを変えることによって、それらの焦点が耳に向かうように持っていくんです。 社交ダンスの先生をされている方でしたので、股関節

キャンセル

予約のキャンセルされる方がいるのですが、私はぜんぜん氣にしません。 キャンセル料も取りません。 人間はそういうものなんです。 私は人間同士は無意識下で皆繋がっていると思っています。 いままで50年近く生きてきて不思議な経験を何度もしました。 縁が切れたり、繋がったりは、その時の意識では理解できないような理由があります。 後から振り返った時にだけ分かるのです。 だから出来るだけ、長生きすべきです。

bottom of page