top of page

受け慣れる

「親しむのは良いが、慣れるのはよくない」というようなことを野口晴哉先生がおっしゃっています。

 

とはいえ、使いやすいので「慣れる」という言葉を使ってしまいます。

 

操法をしていて感じるんですが、やっぱり何年も操法を受けている人は、受け慣れています。

 

受け慣れている、という言葉の意味なんですが、身体の集注する処が散漫でなく焦点が合っている、という程の意味です。

 

野口整体は引き算の美学です。

 

処も力も最小です。それらの組み合わせと順列によって最大の効果をあげます。

 

東洋医学のツボとかいった考え方とは少し違うんですね。

 

調律点と呼ばれる操作する処はそんなに多く設定されていないんですけど、無限の組み合わせによって、様々な箇所に影響を与えることが出来るんです。

 

操法を何年受けている方は、操法の瞬間瞬間に、ご自分の身体の何処に集注すべきか、何となくでも感覚的にわかって来るんですね。

 

野口整体仕様の身体になって来るんです。

 

ある特定のスポーツをしている方がある特定の筋肉が発達するような感じで、操法を受けても筋肉はつかないですが、集注力がつくんです。

 

この辺も面白いんです。反応がビビットで良いんです。変化が早くなる。

 

裡側を観る力もつくんです。

 

そんなこと健康と何の関係があるのか、と思う方もいるかもしれませんが、あるんですねこれが。

 

自分の感覚を信じることが出来るようになるからなんです。感覚の流れや変化にも鋭敏になります。

 

自分の感覚を信じられないということが、その時点で不健康なんです。

 

体調の良い悪い以前の問題です。

 

とはいえそこで、最初の野口先生の言葉に戻るんですけど、やっぱり慣れるのは良くないよね。惰性が生まれますから。

 

整体操法にも活元運動にも、あくまで「親しむ」という氣持ちでいられると良いですね。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

腹部第四調律点

腹部第四調律点という処が硬いと感情が鬱滞しているとされます。 本質的なことを言うと、泣かないとお腹は弛みません。 でも大人はかんたんには泣けません(3種の人はわりかしかんたんに泣きます。だから腹部第四が硬くなり難い)。 そこで、大人のお腹を弛めるにはどうしたらいいか? ということなんですね。 先日友人と稽古していたんです。 腕を使ってお腹を弛める稽古です。 腕のある特定の処を押さえるとお腹が弛むん

あなたの未来が見える

いらっしゃる方の身体を観ていて、その方の未来が視える時があります。 私は予言者ではありませんので、確定した未来が視えるのではないです。 私に視えるのは、その人が感じている、思い描いている未来です。 漠然としたものなのですが。 空想している未来であったり、固定観念から生じている未来だったりします。 もちろん、過去も視える時があります。 でも、漠然としたものですよ。 自分が思い描く未来になる、というの

小腸の操法

小腸に働きかける操法というものがあります。 基本的に静脈の戻りを良くするための操法であると教わりました。 不思議なことに静脈は小腸なんですね。 それで、湿気の多く浮腫みやすいこの季節にたまに使います。 胸椎9番という骨は肝臓の骨なのですが、この骨が特定の状態にあると、むしろ小腸に変動があると捉えるのです。 それで9番から10番11番と連続して押さえていく操法なのですが、この間、小腸には特に問題が無

Comments


bottom of page