top of page

元学校の先生

以前学校の先生をされていたという方の操法。

 

とにかく身体が固いんですね(笑)。

それはもう私がびっくりするくらいです。

 

意識で身体を統御することを長年なさって来たから、こういう身体になるんです。

こちらは、真面目ないい先生だったんだろうなと思うわけですよ。

 

あっちこっち壊されてるんですけど、負担を全部ご自身で背負うんですね。

 

私なんかは裏側から人間を観てますでしょう。

毎日。

その方の身体を通して「学校の実体はこうだったんだ」と思うんです。

 

私は学校が嫌いで、いわゆる不良ではありませんでしたが、教師も憎んでいて言うことも聞かない生徒だったのですが、いかに過酷な労働環境か、ということをお教えいただいて、自然と感じ方が変わってしまいました。

 

悪いのは国と制度で、その歪が教育の現場に現れているのだと思います。

一番あってはならないことなんですが。

 

とにかく、良い先生だった方のお腹を、悪い生徒だった私が押さえるんですよ。

指導者として。

こういうことが、人生の後半には起きるんです。

こういうことが生きることの醍醐味だと思いませんか?

0件のコメント

最新記事

すべて表示

表情と無意識

お身体を観させて頂いている方で、あまり表情が動かない方だなあ、と思っていたんですけど、5種の方だったので特に氣にしてませんでした。 5種の方はやっぱり余り感情や表情を動かさないです。 呼吸器で抑え込むんですね。 常に息を詰めているというか。 感情を抑えて合理的に行動することが快感なんですね。 それでたまに爆発するとされています。 普段は倹約しているんですけど、周期的にバーッと奢ったりとか大金を使っ

姿勢

姿勢を変えたいという人がいます。 端的には、左右と前後をシンメトリーにしたいということです。 そもそも論で言うと、日本では昔からシンメトリー、左右対称を美とは認識していない。 必ず一点を意図して歪ませています。 人間の裡に自然を観ているんですね。 人間は何処かに向かっているから、身体が歪むんです。 静止していたら歪まないんです。 人生は止まっていないんです。 氣から始まっていると仮定して、つまりそ

更年期障害、中年の危機

中年の危機という問題がある。 ユングは40歳くらいで生じると書いている。 簡単に言うとそれまでの行き方がそのぐらいの年から通じなくなる、ということ。 西洋占星術だと、サターンリターンといって、生まれた時のホロスコープ上にあった土星の位置に、また土星が一周して帰って来ることを言います。 約30年。 ここで、自分にとっての土星の意味が一新されるんですね。 土星の意味は、制限や規律や圧力、乾いていて痩せ

Comments


bottom of page