top of page

余白と呼吸

道場の部屋が「広いですね」と言われた。

 

実際はそんなに広くは無いんですけど、何も置いてないからそう感じるんですね。

 

余白が大事なんですよね。

 

ビートルズ『ホワイトアルバム』というアルバムにポール・マッカートニーのコラージュが封入されているんですけど、それに白紙の部分があって、そこの処をインタビューで答えてて「ここで呼吸をさせるんだ」みたいに言っていて、つまり全面を塗りつぶしちゃ駄目なんですね。

 

息が詰まるんですね。

 

部屋は借りているんですけど、いつまでここで出来るか分かりませんけれども、今現在の私の操法はここでしか出来ないものなんですね。

 

別の土地、別の家屋で操法をしたとしたら、今とは別の操法になると思います。

 

一息つける道場だと思ってもらえたら、嬉しいですね。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

不信からの共感

自分が不信感を抱いていた職業の方の背骨を観る機会があった。 観るとやはり印象は変わる。 身体はぼろぼろ。 私からしたら、よくこれで立って歩いて生活しているな、と。 どういった姿勢でどういった人生を歩んで来たのか、背中を観ればわかります。 分かってしまったら共感しかないんです。 毎日さまざまな方の背骨と人生を観ていて、言葉も個人の利益も肌の色も、無意味だと実感します。 全人類が、お互いがお互いの背中

薬を飲みたいのではなく「大丈夫ですよ」と言って欲しい

どうやら皆さま「大丈夫ですよ」って言って欲しいようです。 どのような状態。 どのような症状であっても。 病院に行くのも薬を飲むのも、それは切っ掛けというか導入というか、やっぱり「大丈夫だよっ!」の一言が欲しいのです。 弱っている人間は。 整体でやりたいことは、言葉以前のところで、身体に「大丈夫!」を感じさせたいんです。 身体を「大丈夫」の身体にしたいんです。 氣軽に言葉にしたくないんです。 身体に

病院がごった返してるんだって

最近「病院がごった返してる」と知人に聞きました。 お子さんが風邪を引いて病院に連れて行ったそうです。 で、やっぱり病院にはいっぱい患者がいるんだって。 何で熱がでて咳がでているだけで病院に行くんですかね? 例えばそれが一週間続いたら、私も心配しますが…。 それでも私たちは病院に行きませんけどね。 そんなにかんたんに薬を飲むべきか、熱を下げるべきか、咳を止めるべきか、よく調べて考えて欲しいのです。

Comments


bottom of page