top of page

体癖と占星術

体癖を知る以前から、西洋占星術は趣味で学んでいました。

 

特にサビアン占星術が好きで、松村潔さんの厚い本も結構買って読んでいました。

 

象徴的なものの観方が性に合ってたんですね。

 

後々に体癖のことを知って、占星術が好きな人が皆するように、自分のホロスコープと体癖を照らし合わせて、一致するかどうかを調べたんですね。

 

両方に臨場感を感じる人にとっては興味のある処ですよね。

 

で、あれこれ色々な角度から、比較考量したんですけど、共通点は見出せませんでしたね。

 

ホロスコープと体癖の相関関係を見出すのは難しいです。

 

ただ、ホロスコープでもネイタル(生まれた瞬間の星の位置)とトランシット(今現在の星の位置)との関係などを様々に照らし合わせて占っていくんですね。

 

そのうちの何処をどう切り取って読んでいくのかが技術なんですね。

 

体癖というものも、固定されたものでなく、変動するものである、という観方をとっておられる方もいます。

 

そもそも本来は、12種というだけでなく、その後には48類まであったんです。

 

野口晴哉先生は類に関しては、自分と同じ水準で波が分かる人がいなかったから誰にも教えなかった、と言われています。

 

占星術にしても体癖にしても、超高度なところまで到達した人なら、両方の相関関係が分かるのかもしれませんが、そんな人はいないでしょう。

 

やはり、自分の未来に何が起きるかを正確に認知できる人はいないんですね。

 

おぼろげながら分かる、という程度が一番楽しく生活できるのでしょう。

 

因みに私の太陽サビアンの象徴は、数えで蠍座の13度で『実験をしている発明家』になります。

 

ハウスは6室にあります。

 

ここだけ(太陽の位置だけ)取ればですけど、けっこう整体指導者に向いているかな。

 

占星術のこともこれから時々書こうかな。

 

需要有りますかね。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

腰痛

腰痛になってしまって。 調べると、腰椎1番の右二側が中心。 単純に操法中の身体の使い方が下手なんですね。 頑張ればいいってものじゃないんです。 7種体癖なのでつい頑張ってしまって、身体を捩じって使ってしまうんです。 情けないことです。 そしてこの痛めた処は肝臓の急所でもあって、どうも肝臓も腫れてるようで、怒りっぽくなっていて、反省しています。 身体と心の使い方を改めろ、との天の声と捉えています。

怒られた息子が言ったこと

妻が息子に怒ったんですよ。 妻はわりと理性的に怒れるんです。 3種なんです。 感情に弾力があって統制が効くんですね。 いわゆる「キレる」ということはないんです。 だから、我が家では怒り役なんですね。 それで先日、妻が息子を怒ったんですけど、その時息子の言った言葉にビックリして。 曰く「しにて~」「じぶんをころして~」だって。 5才なんですけど、こんなこと以前は言わなかったんです。 怒られるとただ泣

表情と無意識

お身体を観させて頂いている方で、あまり表情が動かない方だなあ、と思っていたんですけど、5種の方だったので特に氣にしてませんでした。 5種の方はやっぱり余り感情や表情を動かさないです。 呼吸器で抑え込むんですね。 常に息を詰めているというか。 感情を抑えて合理的に行動することが快感なんですね。 それでたまに爆発するとされています。 普段は倹約しているんですけど、周期的にバーッと奢ったりとか大金を使っ

Comments


bottom of page