top of page

体癖と占星術

体癖を知る以前から、西洋占星術は趣味で学んでいました。

 

特にサビアン占星術が好きで、松村潔さんの厚い本も結構買って読んでいました。

 

象徴的なものの観方が性に合ってたんですね。

 

後々に体癖のことを知って、占星術が好きな人が皆するように、自分のホロスコープと体癖を照らし合わせて、一致するかどうかを調べたんですね。

 

両方に臨場感を感じる人にとっては興味のある処ですよね。

 

で、あれこれ色々な角度から、比較考量したんですけど、共通点は見出せませんでしたね。

 

ホロスコープと体癖の相関関係を見出すのは難しいです。

 

ただ、ホロスコープでもネイタル(生まれた瞬間の星の位置)とトランシット(今現在の星の位置)との関係などを様々に照らし合わせて占っていくんですね。

 

そのうちの何処をどう切り取って読んでいくのかが技術なんですね。

 

体癖というものも、固定されたものでなく、変動するものである、という観方をとっておられる方もいます。

 

そもそも本来は、12種というだけでなく、その後には48類まであったんです。

 

野口晴哉先生は類に関しては、自分と同じ水準で波が分かる人がいなかったから誰にも教えなかった、と言われています。

 

占星術にしても体癖にしても、超高度なところまで到達した人なら、両方の相関関係が分かるのかもしれませんが、そんな人はいないでしょう。

 

やはり、自分の未来に何が起きるかを正確に認知できる人はいないんですね。

 

おぼろげながら分かる、という程度が一番楽しく生活できるのでしょう。

 

因みに私の太陽サビアンの象徴は、数えで蠍座の13度で『実験をしている発明家』になります。

 

ハウスは6室にあります。

 

ここだけ(太陽の位置だけ)取ればですけど、けっこう整体指導者に向いているかな。

 

占星術のこともこれから時々書こうかな。

 

需要有りますかね。

0件のコメント

最新記事

すべて表示

5種と思いきや1種、というか複合体癖

5種だよなあ、という方がいらっしゃたのですが、実際に背骨を調べて観ていくと、「おやおや?」と。 5種らしいところが5種的でなくて1種的だったんですね。 腰椎部なんですけど、ある部分は5種で、ある部分は1種なんです。 これで私は得心しまして、「これが複合体癖か」と。 もちろん知識としては複合体癖は知ってはいましたが、指で理解した時は驚きました。 本当に綺麗にキメラの様に混じりあっているんです。 二つ

胸椎3番の突出

ここが突出していると、呼吸器が疲れている状態。 体癖と言いますが、還元すると、一個一個の動きなんですね。 もう一段還元すると、氣の動きになるのです。 氣の動きが背骨に反映されるんです。 氣が先。 しかし氣にも類型があるわけです。 この端的な事実を形而上の氣が、形而下の身体に影響を与えている、と言っていいのか分かりません。 この辺を詰めていくと、形而上学の話になってきます。 それはともかく、自分には

縁が切れる時、結ばれる時

人間生きていますと、周期により、縁が切れたり結ばれたりします。 人間関係の波に、上手く乗れるといいと思います。 頭と身体が逆方向になっている時は、身体の言うことを聞いて、身体の向いている方向に行った方が無難です。 自分自身の経験でもそうでした。 上下型の方にとっては難しいのですが、考えない方がいい時もあります。 薬を飲んでも良い時もあります。 毒を飲んでも良い時もあります。 効かない薬も、効かない

Comments


bottom of page